Home » 参考図書 » ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)
渡辺 千賀
朝日新聞社
売り上げランキング: 332
おすすめ度の平均: 4.5
4 ワーキングスタイル 2.0
5 痛快なビジネス書!で、ためになる(かもしれない)
5 シリコンバレーでの生き方
[スポンサードリンク]

なんとも元気にさせてくれる本です。
私にとって、2006年の読んで元気になる本、ナンバーワンです。

あまりに面白くて地下鉄で、にやけながら読んでしまいました。
若者はなぜ3年で辞めるのか?」を読んで沈鬱な気分になってしまった人には、バランスをとるためにも是非おすすめしたいです。

基本的には、
・シリコンバレーってこんなとこよ
・シリコンバレーではこんな働き方をしてる人がいるのよ
というのが痛快に語られています。

全てのページにある脚注もとても楽しく、さりげなく、ためになることも書かれています。

シリコンバレーなんて興味ないという方も少なくないでしょうが、そういう方にもおすすめできる本です。

著者自身も
「本書はいくつかの読み方がある。
1 異国の地で起こる変わった人たちのオトギバナシとして読む
2 日本での働き方・生き方の参考にする
3 モノは試しでシリコンバレーで働いてみるための参考にする」
と述べています。

日本が即シリコンバレー的になるとも思えませんが、シリコンバレー的働き方は、日本流にアレンジされてドンドン増えて行くでしょうから。
「バカ・アービトラージ」なんて日本でも十分成立してしまうはずです。
(アービトラージ:arbitrageとは「裁定取引」のことです。)

シリコンバレーに興味津々著者の言うタイプ3の方は、「1 はじめに」から読めばいいですが、タイプ2の方の場合、「7 シリコンバレーで誕生する4つの働き方:ヒューマン2.0」「8 ヒューマン2.0のルール」あたりから読むと楽しみやすいんじゃないかと思います。

[スポンサードリンク]

Home » 参考図書 » ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » 参考図書 » ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)

「参考図書」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.