Home » 参考図書 » スティーブ・ジョブズ-偶像復活

スティーブ・ジョブズ-偶像復活

スティーブ・ジョブズ-偶像復活
ジェフリー・S・ヤング ウィリアム・L・サイモン 井口 耕二
東洋経済新報社 (2005/11/05)
おすすめ度の平均: 5
5 勉強になります。
[スポンサードリンク]

すごい話です。

読み終わったあと
「で、この『iCon』っていう映画、いつ公開されたんだっけ?」
と、誰かに聞いてみたくなってしまいます。

ハリウッド映画で非常によく見られるパターンそのままに話が展開するものですから、実話というより映画の原作を読んでいるような気分に、スッカリさせられました。

頭の中では既にU2の曲でエンドロールまで流れています。

でも、これは映画の原作ではなく、実話。
なんとも、すごい話です。


私はWindowsベッタリな人で、Macは知人が使っていたのをちょっと触らせてもらった程度でしかなく、アップルという会社に特に思い入れもありません。ディズニー・ピクサー作品もほんの数本しか見たことはありません。それでも非常に面白く読ませていただきました。

スティーブ・ジョブズという名前を聞いたことのない、パソコンの歴史なんて興味のない、普段ビジネス書なんて読むこともないけど、iPodは使ってるという若者でも、「トイ・ストーリー」「バグズ・ライフ」「美女と野獣」といった数々のディズニー作品のタイトルや、「スター・ウォーズ」といった文字が踊りはじめる第6章あたりから目を通せば、決して薄くはないこの本を読んでみたくなるんじゃないかと感じました。

また、読むだけの価値もあると思います。
今まさに起きている、スゴイことに至る過程が書かれているのですから。


それから映画が日本で公開される際は、「偶像復活」という邦題ではなく、「iCon」という原題そのままで是非お願いします。

[スポンサードリンク]

Home » 参考図書 » スティーブ・ジョブズ-偶像復活

TrackBack:2

TrackBack URL
スティーブ・ジョブズのプレゼンとは from 我ら、地域の仕掛け人!
スティーブ・ジョブズは1分話して36億円稼ぐ!? という内容が気になるタイトルのGQ JAPAN(2005年12月号)が年末の整理で雑誌の山から出てきました! 今年のヒット商品番付でも扱いましたが「iPOD」の人気の背景に間違いなくスティーブジョブスの存在...
【ジョブズの時代】スティーブ・ジョブズ 偶像復活 from ぱふぅ家のサイバー小物
アメリカで物議を醸し出したドキュメント本である。アップルの創立者の1人であり正式にCEOに就任したスティーブ・ジョブズの半生を描いたドキュメンタリーであるが、ジョブズの人となりを正確に描き出したがために、アップル信者からの猛反発を受けたらしい。

Home » 参考図書 » スティーブ・ジョブズ-偶像復活

「参考図書」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.