Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » オブジェクトブラウザーの使い方を丁寧に解説した教本

オブジェクトブラウザーの使い方を丁寧に解説した教本

『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』P.046より

PowerPoint VBAの本という点が際立っていますが、『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』は、他にも類書が存在しないといえる点があります。

オブジェクトブラウザーの解説や操作手順に、相当のページ数を割いている点で、類似する書籍が存在していません。

304ページの全体の中で、オブジェクトブラウザーに関する記述のあるページが、80ページも存在しています。

私としては、『いちばんやさしいオブジェクトブラウザーの教本』といった裏タイトルをつけてもイイくらいのつもりで書いてきました。

オブジェクトブラウザーを使えるVBAユーザーは少ない

VBEの重要なツール・オブジェクトブラウザーについて解説している書籍は、もちろん存在します。

しかし、それらの書籍ではオブジェクトブラウザーの概要だけを解説しているものが、ほとんどです。使い方を一度説明すれば、多くの読者が自分でトレーニングできるだろう、という仮説に基づいて書かれているように思えます。

その仮説は間違っていると、私は実体験から感じています。

オブジェクトブラウザーを使えていないVBAユーザーが、日本中に一体どれくらいの人数いるのか想像もつきませんが、VBAを使ったことのある人を母数とすれば、その8割がオブジェクトブラウザーを使ったことがないと考えても、それほど間違っていない予感があります。

ある程度のVBA経験者でも、オブジェクトブラウザーを使っていない方が多いことを知った2012年以降、オブジェクトブラウザーを操作する実習時間をかなり設けたセミナーを何度も開催し、少なくない人数の方にご参加いただいています。

オブジェクトブラウザーの使い方を丁寧に解説した書籍

(どこかで拾ってきたコードをコピー&ペーストして一部を変更するのではなく)自力でPowerPointマクロを作り上げるには、PowerPoint VBAのオブジェクトを取得・操作するコードについて理解しなければなりません。そのようなオブジェクトを取得・操作するコードについて本当に理解するには、オブジェクトブラウザーを調べる必要があります。

しかし、オブジェクトブラウザーの概要についての解説を読んだだけでは、どう使っていいのかがわからないVBA経験者が、ほとんどなのです。少なくとも私の観測範囲では。

そのため『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』の中では、オブジェクトについての解説と共に、オブジェクトブラウザーを調べるための実習ページを、かなり設けています。

あるオブジェクトの持つプロパティが、どのようなオブジェクト(データ)を返し、そのオブジェクトがどのようなプロパティ・メソッドを持っているか、更にそれらのプロパティ・メソッドが何を返すのかを、オブジェクトブラウザーを使って丁寧に調べる実習ページがかなり存在します。

そのため304ページの中に80ページも、オブジェクトブラウザーについて記述のある書籍となりました。

オブジェクトブラウザーはVBA全般で使える

PowerPoint VBAを必要としていないVBA経験者であっても、オブジェクトブラウザーの使い方をトレーニングするための本として、『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』は使っていただけると考えています。

Excel VBAでもAccess VBAでもWord VBAでも、オブジェクトブラウザー自体の使い方は同じですから。

最終更新日時:2020-04-09 14:12

[スポンサードリンク]

Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » オブジェクトブラウザーの使い方を丁寧に解説した教本

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » オブジェクトブラウザーの使い方を丁寧に解説した教本

「いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.