Home » 参考図書 » ドラッカーの遺言

ドラッカーの遺言
ドラッカーの遺言
posted with amazlet on 06.01.23
P.F. ドラッカー 窪田 恭子
講談社 (2006/01/20)
[スポンサードリンク]

昨年末に亡くなった、ピーター・ドラッカーの遺作と言っていい本。

日本でのドラッカー本は、ほとんどが上田惇生氏の訳によるものですが、本書はそうではない珍しいもの。
2005年7月28日に行われたインタビューをまとめたものです。

帯には「全日本人必読!」の文字がおどっていますが、中でも若い人が読んでおくべき本でしょう。
特に、情報技術の分野で日本は追随国の立場に甘んじていてリーダーとなったことはない、という耳の痛い指摘や、中国やインドの台頭について、心に留めておくべきことだと思います。

とても読みやすくまとめられているので、ドラッカーの入門書として読むこともできると感じられます。

[スポンサードリンク]

Home » 参考図書 » ドラッカーの遺言

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » 参考図書 » ドラッカーの遺言

「参考図書」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.