Home » 参考図書 » 仕事のヒント

仕事のヒント
仕事のヒント
posted with amazlet on 05.10.02
神田 昌典
フォレスト出版 (2005/09/21)
売り上げランキング: 194
おすすめ度の平均: 4.67
5 ヒントがたくさん
5 メルマガなら無料だし・・・。
4 神田流のエッセンスがギュッと詰まった1冊!
[スポンサードリンク]

実践マーケッター・神田昌典さんの、変形版中谷彰宏メソッドによる最新刊。

中谷彰宏メソッドって私が勝手にそう呼んでいるのですが、多くの中谷本で採用されているスタイルのことです。中谷さんの本を何冊か読んだことのある方ならおわかりいただけると思いますが、見出し・長くない本文・まとめの言葉というのが数ページにまとめられ、その数ページの集合体で一冊の本となっているスタイルです。

あのメソッドって、特に疲れているときや元気がほしいとき、頭がいまいちクリアでないときに有効だなと常々感じているのです。どこからでも読むことができ、何ページ読んでも、どこで読むのをやめてもいいわけで。

そもそもが、元気があって頭がクリアなときに中谷彰宏さんの本を読むというのはちょっとイメージしづらく、それを考えると相当計算されたメソッドだろうなと思っています。

そんな中谷彰宏メソッドによく似たスタイルの本書なわけです。

仕事で疲れているようなときでも、どこからでも読めるように作られています。

本書の「はじめに」にも
「夜、寝る前や、仕事で行き詰ったとき、パッと好きなページを開いてみましょう。」
と書かれています。


内容的には、今商売をしている・これからはじめようとしているすべての人に役立つ本、と言っていいと思います。
参考になることが盛りだくさんです。
もちろん元気も出ます。


先日、「売るためのサイト構築テクニック」というネットで商売をしている人向けの本をご紹介しましたが、あの本と同じだなと思いながら私は読みました。

商売全般について扱っているのが本書で、同じ考え方のもと、商売の中のネットショップについて扱っているが「売るためのサイト構築テクニック」だと感じました。

「ネットを利用したビジネスをやりたいんですけど」
「アフィリエイトでいまいち儲からないんですけど」
といったご相談を、もし今私が受けたら、まよわずこの2冊をおすすめします。


それから、神田昌典さんって苦手な人はまるでダメなようですが、本書ならOKなのではないかという気もしています。読まず嫌いの方は一度立ち読みをしてみてはいかがでしょう。

Amazon.co.jp → 「仕事のヒント
楽天ブックス → 「仕事のヒント

[スポンサードリンク]

Home » 参考図書 » 仕事のヒント

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » 参考図書 » 仕事のヒント

「参考図書」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.