インストラクターのネタ帳

新着記事

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + python-pptx 0.6.18

python-pptxを使えば、PowerPoint VBAよりもシンプルなコードで文字列を抽出できることをご紹介しました。

プレースホルダーの文字列抽出も、PowerPoint VBAよりシンプルなコードで済みます。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows版PowerPoint(バージョン1906 ビルド11727.20244)

「vba powerpoint Shapes. AddPicture 最背面」
という検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

PowerPoint VBAで、画像を最背面に挿入するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索でしょう。

Shapesコレクションが持つAddPictureメソッドの引数で、

最背面に挿入できると思っていらしたのかもしれませんが、最背面への移動はShapes.AddPicttureの引数ではできません。

続きを読む

[スポンサードリンク]
動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + python-pptx 0.6.18

できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。』のChapter 8「テキストデータの処理」に、python-pptxを使って、既存のプレゼンテーションファイルから、テキストを抽出するサンプルが掲載されています。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + pandas 0.24.2

xlwingsやxlrdで、Excelの全シート名を取得するコードをご紹介しました。

pandasでも、Excelの全シート名を取得できます。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + xlrd 1.2.0

「python xlwings シート名」
という検索キーワードをきっかけに、xlwingsで指定したExcelファイルの全シート名を取得するコードをご紹介しました。

他のライブラリーを使った場合に、どのようなコードになるのか気になりますので、xlrdでスクリプトを書いてみました。

続きを読む

5月24日に、ひとり税理士・井ノ上陽一さん主催の『音声認識入力セミナー』に参加しました。

その続編を、個別コンサルティグの形で、昨日7月11日(木)に受講させていただきました。

続きを読む

[スポンサードリンク]

拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』のp.145に、「And条件、Or条件の書き方」というワンポイント(コラム)を書きました。

このワンポイントではAnd条件を指定する書き方として、
  If Range("A4").Value >= 60 And Range("A4").Value < 80 Then
という例を、ご紹介しています。

このコードを理解してから、別の書き方もできることを、知っていただきたいと思っています。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + xlwings 0.15.5 + Excel 1906

「python xlwings シート名」
という検索キーワードでのアクセスに気が付きました。

詳細がわかりませんので、xlwingsを使った、特定のブックに含まれる全シートの名前を、順番に取得するコードをご紹介しておきます。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + xlrd 1.2.0

OpenPyXLのmax_row・max_columnについて記事を書きました。

xlrdの場合、sheet.nrowsで行数、sheet.ncolsで列数が取得できます。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + OpenPyXL 2.6.2

pandasを使うと、簡単にExcelのワークシートをCSVファイルにできることをご紹介しました。

OpenPyXLを使ってExcelを開き、任意のワークシートをCSVファイルとして保存することも、もちろんできます。

続きを読む

[スポンサードリンク]

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.