インストラクターのネタ帳

新着記事

動作検証バージョン:Windows版PowerPoint(バージョン1901 ビルド11231.20174)

「powerpointVBA 白紙挿入」
という検索キーワードでアクセスがありました。

PowerPoint VBAで白紙レイアウトのスライドを挿入するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していらしたのでしょう。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1901 ビルド11231.20130)

「excel vba Shapes.AddChart2 グラフ位置」
という検索キーワードに気が付きました。

Excel VBAのShapes.AddChart2メソッドで、

Shapes.AddChart2でグラフ位置を指定する

グラフを挿入する位置を指定するには、どうすればいいのかを探していた方による検索です。

続きを読む

[スポンサードリンク]

少ないコード量で、実務でも使えるかもしれないとクラスモジュールを感じていただくためにイベント処理を共通化するクラスの簡単なサンプルと、プロパティをPropertyプロシージャで実装する例をご紹介し、ステップ実行してみることをおすすめしました。

続きを読む

私はプログラマーではありませんが、過去FORTRANやCの経験があり、OFFICE連携、そしてクラスモジュール使用の入口に立っている状態での受講でした。勤務先で使っていくためには開発スピードや可読性等も重要と思っていました。
講座では普段疑問に思っていたことを質問させていただきました。
他の受講生さんと話が出来たのもいい刺激になりました。
また理解しているつもりでも、比較的理解や操作スピードが遅く、慣れていないことがよくわかりました。そのため、メインの論点は理解できましたが、他の受講生の質問と回答は残念ながらついていけず聴き漏らしてしまいました。再受講の方のように教える側にも廻りたいという希望もございますので再受講の機会がありましたら、またよろしくお願いします。

オブジェクトブラウザーの使い方とともに、オブジェクトを取得・操作するコード(オブジェクト式)の文法やオブジェクト変数などについて徹底解説するセミナー『Excel VBA講座 オブジェクト式解説編』を受講いただいたみなさんには、Web経由の匿名で"講座全体について感じたこと、ご意見などあればご自由にお書きください。"とアンケートをお願いしています。

上記の文章は、Web等への掲載可という許可をいただいた方によるコメントです。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1901 ビルド11231.20130)

Shapesコレクションの、Itemメソッドや_Defaultメソッドの引数にインデックス番号を指定することで、

Shapesのインデックス番号はZOrderPositionと同じ

個々の図形を表す、単独のShapeオブジェクトを取得できます。

このインデックス番号は固定ではなく、重なり順(前面・背面)を変更すると変化し、

Shapesのインデックス番号はZOrderPositionと同じ

(グループ化された図形がなければ)ShapeオブジェクトのZOrderPositionプロパティが返す値と一致します。

このことをご存じないと思われる記述を見かけたので、記事にさせていただきます。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1901 ビルド11231.20130)

少ないコード量で、実務でも使えるかもしれないと感じていただくためにイベント処理を共通化するクラスの簡単なサンプルと、プロパティをPropertyプロシージャで実装する例をご紹介しました。

クラスを作ったらステップ実行してみましょう

クラスモジュールを少し勉強したけれど挫折した経験のある方には、拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』でも多用しているステップ実行を行って、Propertyプロシージャが、どう呼び出されているのか実感することをおすすめします。

続きを読む

[スポンサードリンク]
動作検証バージョン:Windows版PowerPoint(バージョン1901 ビルド11231.20130)

VBAでスライドマスターのヘッダーを設定するには?

「パワーポイント vba スライドマスタ ヘッダー」
という検索キーワードでのアクセスに気が付きました。

スライドマスターのヘッダーを、PowerPoint VBAから操作するコードについて調べていた方による検索キーワードです。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1901 ビルド11231.20130)

書くコード量をできるだけ減らしつつも、実務で使えるかもしれないと感じていただくために、イベント処理を共通化するためにクラスモジュールを使ったサンプルをご紹介しています。

クラスモジュールについて少し勉強したけれど挫折した経験のある方の中には、このサンプルをご覧になって、
「クラスってPropertyプロシージャが必要じゃないのだろうか?」
という疑問を持つ方が、いらっしゃるかもしれません。

続きを読む

拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』などでExcel VBAの学習を始め、If文やFor~Next文を書けるようになった方の多くが、
「変数名をどうつければいいのだろうか」
「自分の変数名のつけ方は正しいのだろうか」
という疑問を持つはずです。

続きを読む

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1901 ビルド11231.20130)

この数年で、VBAのクラスモジュールについて書かれた日本語書籍や、Webページが増えてきました。

拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』執筆時のレビューで大変お世話になった、thomさんのブログではシンプルな例を使ってクラスモジュールについて解説されています。
こちらの記事でご紹介した連載では、本当に少しずつ少しずつ、スモールステップで解説が行われています。

しかしクラスモジュールを使うためには、複数のモジュール・プロシージャが必要でそれなりの量のコードを書く必要があり、その解説はどうしても結構なボリュームになります。そのためクラスモジュールを使ってみたいと思いながらも、一歩目を踏み出せない方が、まだまだいらっしゃるのではないかと想像しています。

続きを読む

[スポンサードリンク]

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.