Home » 参考図書 » できる100ワザ アフィリエイト

できる100ワザ アフィリエイト

Web関連
できる100ワザアフィリエイト―ホームページでがっちり稼ぐ実践ノウハウ
小林 智子/藍玉 杉村 崇 和田 亜希子 できるシリーズ編集部
インプレス (2005/05)
売り上げランキング: 484
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 ノウハウが端的にまとまっています
[スポンサードリンク]

アフィリエイトで実績をあげている著者3人による「アフィリエイトのネタ帳」。

100個のアフィリエイトについてのネタが、オールカラーで紹介されています。

・アフィリエイトとは
・ASP(Affiliate Service Provider)の登録方法
といった基本はサラっと流して、具体的なネタをバンバン紹介してくれています。
とりあえずブログで広告をペタペタ貼ってるだけという人には、参考になることが非常に多いんじゃないかと思います。


内容もさることながら、私がこの本で一番面白いと思ったのは、実は本としてのまとめ方。

序章から第5章を
・基本
・企画
・成果を上げるリンク
・ユーザビリティ
・集客
・育成&運営
という観点でまとめているのですが、それとはまったく別の読み方もできるように作られています。100個のワザを上記の章立てとは別の分類をしてくれているのです。

一つが
・初級
・中級
・上級
というワザのレベルに応じた分類。

もう一つ、そのワザの即効性による
・スグ効く
・ジワリ効く
という分類です。

この2種類の分類がインデックスで簡単にわかるようにできていますから、アフィリエイトはそこそこやってるという方は「中級」「上級」のワザだけを読んだり、即効性のある方法を手っ取り早く知りたいという方は「スグ効く」というワザを先に読んだりということができます。

このようなTips集的な本は、お行儀よく丁寧に1ページ目から読むより、興味のあるところを拾い読みしていくという人が少なくないと思うので、その指針として複数の視点を用意してくれているのはいいことだと感じています。


折角ここまで考えた作りになっている本なので、誰がどの記事が書いたのかがわかるようになっていてもよかったんじゃないかと感じました。例えば主婦の方だと、ととりあえず同じ主婦である小林(藍玉)さんのワザを読んでみよう、という人も少なくないんじゃないかと思うのです。


話が本のテーマのアフィリエイトとは随分離れた方向に行ってますが、情報の提示方法についてかなり興味が行っているシーズンなもので...。

ちなみに情報の提示方法ということでは、著者の一人和田さんのブログでの「できる100ワザアフィリエイト」というエントリ内でのクリッカブルマップも、なかなか興味深いです。

Amazon.co.jp → 「できる100ワザ アフィリエイト
楽天ブックス → 「できる100ワザ アフィリエイト

[スポンサードリンク]

Home » 参考図書 » できる100ワザ アフィリエイト

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » 参考図書 » できる100ワザ アフィリエイト

「参考図書」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.