Home » ネット関連のネタ » Adobe Readerで前後のページへ移動

Adobe Readerで前後のページへ移動

Adobe Reader 7.0

ベータテストのはじまっているOfficeの次期バージョン・Office 12では、PDF作成ソフトなしでPDFファイルが作成可能となるのを見ても、PDFファイルはその業界標準としての地位を、着々と上げているように感じます。

しかし、そのPDFファイルを読むためのAdobe Readerですが、実はその使い方ってあまり知られていないような気がします。

例えばとても簡単な操作ですが、次のページを表示するとき、どうしてらっしゃいますか?

[スポンサードリンク]

マウスでドラッグですか?
ステータスバーの[次のページ]ボタンのクリックでしょうか?
あるいは[↓]キーや[PageDown]キーを何度か押してますか?


▼操作方法:前後のページへ移動する
次のページへ移動:[→]キーを押す
前のページへ移動:[←]キーを押す

[PageUp][PageDown]キーや、方向キーの[↑][↓]キーはよく使われていると思いますが、表示倍率によってはこれらのキー操作では前後のページを表示させるために、何度かキーを押さなければならないことがあります。

けれども、[→][←]キーならば簡単に前後のページを表示させられるのです。

Adobe Readerでページ移動を面倒に感じていたという方は、一度お試しください。

[スポンサードリンク]

Home » ネット関連のネタ » Adobe Readerで前後のページへ移動

TrackBack:2

TrackBack URL
次のページへ、前のページへ from インストラクターのネタ帳
対象:Word 97,2000,2002,2003 Adobe Readerで、前後のページへ移動するためのキー操作をご紹介しました。 Wordでも同様の操作がありますが、使ってらっしゃるでしょうか。...
PDFファイルの自動スクロール from インストラクターのネタ帳
対象:Adobe Reader 7.0 Adobe Readerで、前後のページを表示するキーボード操作をご紹介しました。 Adobe Readerは、PDFファイルを表示するのがその主たる役割なので、表示機能はいろいろ用意されており、ちょっと面白い機能もあります。...
[スポンサードリンク]

Home » ネット関連のネタ » Adobe Readerで前後のページへ移動

「ネット関連のネタ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.