Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » COUNTIF関数で昨日のデータだけをカウントする

COUNTIF関数で昨日のデータだけをカウントする

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

COUNTIF関数で昨日のデータだけをカウントする

「countif関数 昨日」
「エクセル COUNTIF 昨日だけの日付をカウント」
といった検索キーワードでのアクセスが時折あります。

COUNTIF関数を使って、昨日のデータだけをカウントするには、どのように条件を指定すればいいのかを探していらしたのでしょう。

[スポンサードリンク]

COUNTIF関数で昨日のデータだけをカウントする計算式

以下のような計算式で、昨日の日付が入力されているセルだけをカウントできます。


▼昨日の日付だけが入力されているセルの個数をカウントする
※A1:A10セルに日付が入力されているときに昨日の日付が入力されているセルを数える例
  =COUNTIF(A1:A10, "=" & TODAY() - 1)
という数式を入力する

さまざまな日付の条件指定方法

COUNTIF関数の第2引数・検索条件は、ちょっとクセのある指定をする必要があります。

上記のとおり、比較演算子「=」と、
  =COUNTIF(A1:A10, "=" & TODAY() - 1)
昨日の日付を取得する式「TODAY() - 1」を、
  =COUNTIF(A1:A10, "=" & TODAY() - 1)
文字列連結演算子で連結すれば、
  =COUNTIF(A1:A10, "=" & TODAY() - 1)
昨日の日付が入力されているセルだけをカウントできます。

昨日以前(昨日を含む)の日付をカウントするなら、
  =COUNTIF(A1:A10, "<=" & TODAY() - 1)
昨日より前(昨日を含まない)の日付をカウントするなら、
  =COUNTIF(A1:A10, "<" & TODAY() - 1)
です。

最終更新日時:2018-09-12 19:12

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » COUNTIF関数で昨日のデータだけをカウントする

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » COUNTIF関数で昨日のデータだけをカウントする

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.