Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 中央値(メジアン)の求め方−MEDIAN関数


中央値(メジアン)の求め方−MEDIAN関数

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

先日、最頻値(モード)を求めるMODE関数についてご紹介しました。

このサイトでは
「エクセル 中央値 求め方」
といった検索が行われていることもあります。

[スポンサードリンク]

中央値(メジアン)を求める関数について調べようとしている検索です。


▼操作方法:中央値を求める
※A2:E2セルに入力されている数値の中央値をF2セルに求める例
F2セルに
「=MEDIAN(A2:E2)」
という数式を入力する

MEDIAN関数は、データを昇順に並べたとき中央に位置する値を返します。

MEDIAN関数の使い方は、AVERAGE関数やMODE関数と基本的に同じです。

引数に指定された数値が偶数個の場合、中央に近い2つの値の平均が返されます。

▼サンプルファイル(003257.xls 35KByte)ダウンロード

サンプルファイルのF2:F8セルには「=MEDIAN(A2:E2)」といった数式を入力して、引数に様々な値を指定してありますので、実際にどのようなときにどんな値が返されてくるのかご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 中央値(メジアン)の求め方−MEDIAN関数

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 中央値(メジアン)の求め方−MEDIAN関数

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.