Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 標本標準偏差と母標準偏差−STDEV関数・STDEVP関数

標本標準偏差と母標準偏差−STDEV関数・STDEVP関数

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

偏差値の計算方法についてご紹介しました。

その際、標準偏差を求める関数としてSTDEV関数をご紹介しましたが、標準偏差を求める関数について質問をいただくことがあります。

「STDEV関数とSTDEVP関数は何が違うのですか?」
というご質問です。

[スポンサードリンク]

Excel 2002以降、[関数の挿入]ダイアログで日本語を使ってワークシート関数を検索できるようになっています。

[関数の挿入]ダイアログ−[関数の検索]欄に「標準偏差」と入力して検索を行うと、いくつかの関数の候補が上がってきますが、その中に非常によく似た名前の関数・STDEVとSTDEVPとがあるためいただくご質問です。

Excelの質問というより統計の質問ですが、ザックリ以下のような違いがあります。


▼STDEV関数
標本に基づいて予測した標準偏差(標本標準偏差)

▼STDEVP関数
母集団全体に基づいて計算した標準偏差(母標準偏差)

標準偏差とはデータのバラつき具合を測る指標の一つです。

データ分析の際、特に母集団が大きい場合に全数調査を行うことは稀で、標本データで分析を行うため、一般的には「標準偏差」と言う場合、「標本標準偏差」を意味することが多いようです。

ここまでご説明すると、
「『STDEV』は『STandard DEViation』の略でしょうが、『STDEVP』の『P』は何でしょうか?」
というご質問をいただくこともあります。

英語版のヘルプによればSTDEV関数とSTDEVP関数は以下のような説明となります。


▼STDEV
Estimates standard deviation based on a sample

▼STDEVP
Calculates standard deviation based on the entire population

ですのでちょっと強引な感じもしますが、「STDEVP」は「STandard DEViation based on the entire Population」の略ということで、「P」は「entire Population」の「P」と理解しておくとよさそうです。

Beyond Technology - Professional Excel Development」というサイトの「Standard Deviation in Excel Spreadsheets」ページにも、「Remembering that the P in STDEVP stands for "population" may be helpful.」なんて書かれてます。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 標本標準偏差と母標準偏差−STDEV関数・STDEVP関数

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 標本標準偏差と母標準偏差−STDEV関数・STDEVP関数

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.