Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 複数条件でCOUNTIF

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

条件に一致するセルの個数をカウントする、COUNTIFという関数があります。

第1引数でセル範囲を指定し、
第2引数で条件を指定すると、
第1引数で指定されたセルのうち、第2引数で指定された条件に合致するセルの個数を返してくれる関数です。

このCOUNTIF関数についてご存知の方からよくいただく質問と言えば、
「COUNTIF関数で複数の条件を指定するにはどうすればいいのでしょうか?」
「COUNTIF関数では条件を複数指定できないのですか?」
といったご質問です。

[スポンサードリンク]

この解決方法はいろいろあるわけですが、完全一致条件が複数ならば、テンポラリな作業列を作成して、その作業列を利用してCOUNTIFするのが簡単です。


▼操作手順:条件が複数ある場合にCOUNTIF関数を利用する
(B2:B11に性別、C2:C11にアンケート回答が入力されているときに、D列を作業列として、「男」で「a」と回答した人の数をカウントする例)

D2セルに「=B2&C2」と入力
 ↓
D2セルをD11セルまでオートフィル
 ↓
集計値を表示したいセルに
「=COUNTIF(D2:D11,"男a")」
という計算式を入力

関数に慣れていない方は、元々存在するデータだけでなんとか答が得られないか頑張ってしまう傾向があるように感じますが、今回の例のように一つ作業用の列を作成するだけで簡単に答が出てしまうケースというのは少なくありません。

絶対参照・複合参照が理解できている方ならば、クロス集計表を簡単に作成することも可能です。

▼サンプルファイル(001400.xls 21KByte)ダウンロード

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 複数条件でCOUNTIF

TrackBack:4

TrackBack URL
SUMIF関数で複数条件指定 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 指定した条件に応じた値を合計するSUMIF関数につ...
×IFCOUNT関数、○COUNTIF関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 条件を指定して合計を求めるSUMIF関数を、IFS...
複数条件でCOUNTIF−COUNTIFS関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007 条件に合致する個数をカウントするCOUNTIF関数について、 「COUNTIF関数で複数の条件を指定するにはどうすればいいので...
計算式の一部を外に出す from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 「=IF(WEEKDAY(EOMONTH(A1,...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 複数条件でCOUNTIF

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.