Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » プラスのみ合計する-SUMIF・SUMIFS

プラスのみ合計する-SUMIF・SUMIFS

対象:Excel 2010, Excel 2013, Windows版Excel 2016

「エクセル 関数 プラスのみ合計」
「エクセル 合計 正の数値」
といった検索で、このサイト『インストラクターのネタ帳』へのアクセスが時折あります。

[スポンサードリンク]

SUMIF関数でプラスのみ合計

SUMIF関数を使えば、指定した条件に一致するセルの値を合計できます。


▼操作概要:プラスの値だけを合計する
※A1:A10セルに入力されている数値のうち正の値のみA11セルに合計する
A11セルに
  =SUMIF(A1:A10, ">0")
という数式を入力する

第1引数にセル範囲を指定して、
  =SUMIF(A1:A10, ">0")

第2引数に「0より大きい」という条件を指定すれば、
  =SUMIF(A1:A10, ">0")

プラスの値だけを合計できます。

SUMIF関数の第3引数は省略可能

SUMIF関数には本来引数を3つ指定でき、第3引数には合計するセル範囲を指定します。

上記の例の場合、条件を指定するセル範囲(第1引数)と、合計するセル範囲(第3引数)が同じですから、第3引数を省略しています。

SUMIFS関数でプラスのみ合計

「sumifsで正数のみ合計」
という検索でのアクセスもあります。


▼操作概要:SUMIFS関数でプラスの値だけを合計する
※A1:A10セルに入力されている数値のうち正の値のみ合計する
合計を表示したいセルに
  =SUMIFS(A1:A10, A1:A10, ">0")
という数式を入力する

Excel 2007から使えるようになった、条件を複数指定できるSUMIFS関数の場合、
合計するセル範囲を第1引数に、
  =SUMIFS(A1:A10, A1:A10, ">0")

条件を指定するセル範囲を第2引数に、
  =SUMIFS(A1:A10, A1:A10, ">0")

条件を第3引数にそれぞれ指定します。
  =SUMIFS(A1:A10, A1:A10, ">0")

SUMIFS関数の場合は、SUMIF関数とは異なり、3つの引数をすべて指定する必要があります。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » プラスのみ合計する-SUMIF・SUMIFS

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » プラスのみ合計する-SUMIF・SUMIFS

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.