Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » マイナスを除外した平均を求める-SUMIF関数・COUNTIF関数

マイナスを除外した平均を求める-SUMIF関数・COUNTIF関数

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

Excel 2007・2010の場合、AVERAGEIF関数を使うことで、マイナスの値を除いた平均を計算できることをご紹介しました。

AVARAGEIF関数はExcel 2007から使えるようになった関数ですので、Excel 2003の場合この方法ではアウトです。

[スポンサードリンク]

Excel 2003でも有効な、負の値を除外した平均値を計算する方法をご紹介しましょう。


▼操作方法:マイナスの値を除外した平均を計算する
※A1:A5セルに数値データが入力されているときに、A7セルにマイナス値を除いた平均を計算する例

A7セルに
「=SUMIF(A1:A5,">=0")/COUNTIF(A1:A5,">=0")」
という数式を入力する

条件に合致するセルの値を合計するSUMIF関数でマイナスの値を除外した合計を計算「SUMIF(A1:A5,">=0")」し、条件に合致するセルの個数をカウントするCOUNTIF関数で計算されたマイナスの値を除外した個数「COUNTIF(A1:A5,">=0")」で割り算「/」してやればマイナスの値を除いた平均が計算できます。

マイナスの値のみを除外するので、SUMIF関数・COUNTIF関数いずれの第2引数とも「">=0"」としています。

もしマイナスの値と「0」(ゼロ)も除外するのなら条件を「">0"」としてください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » マイナスを除外した平均を求める-SUMIF関数・COUNTIF関数

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » マイナスを除外した平均を求める-SUMIF関数・COUNTIF関数

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.