Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 区間可変の移動平均でエラーが表示されないように

区間可変の移動平均でエラーが表示されないように

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

OFFSET関数を使って、区間を可変にした移動平均を求める方法をご紹介しました。

単純に
「=AVERAGE(OFFSET(E2,1-$F$1,0):E2)」
という数式を入力しただけでは、どうしてもエラーが表示されたり、正しくない値が返されるセルが存在してしまいます。

[スポンサードリンク]

エラーが表示されないように、正しくない値が返されないようにするには数式を修正しましょう。


▼操作手順:区間可変で移動平均を求める
※E2セルから下に終値が入力されているときに、F1セルに区間を入力するとF2セルから下に移動平均が表示されるようにする例

F2セルに
「=IF(COUNT($E$2:E2)<$F$1,"",AVERAGE(OFFSET(E2,1-$F$1,0):E2))」
という数式を入力
 ↓
F2セルを下にオートフィル

「COUNT($E$2:E2)」
COUNT関数で数値データがいくつあるかカウントして
「IF(COUNT($E$2:E2)<$F$1,"",」
F1セルの値より小さい場合は空白に
そうでない場合に前回ご紹介した
「AVERAGE(OFFSET(E2,1-$F$1,0):E2)」
という数式で移動平均を求めるわけです。

前回ご紹介した数式と、IF関数がわかっている方にとっては、「COUNT($E$2:E2)」という部分がキモでしょう。

COUNT関数の引数の中で、絶対参照と相対参照を使うことで、オートフィルによるコピー後の数式が適切に変化してくれます。

考え方としてはSUM関数で累計を計算する方法と同じです。

▼サンプルファイル(003244.xls 185KByte)ダウンロード

サンプルファイルには前日ご紹介したエラー回避前のシートと、エラー回避処理を入れたシートが作成してありますので、F3セルの値を変更したときにどうなるかご確認ください。

なお、F3セルには「0"日移動平均"」というユーザー定義書式を設定してありますので、例えば「25」と数値を入力しても「25日移動平均」という表示になります。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 区間可変の移動平均でエラーが表示されないように

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » 区間可変の移動平均でエラーが表示されないように

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.