Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » ×COUNT IF関数、○COUNTIF関数

×COUNT IF関数、○COUNTIF関数

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

条件に合致したセルの個数をカウントする、COUNTIF関数について調べるのに、カタカナの「カウントイフ関数」で検索するよりアルファベット表記の「COUNTIF関数」で検索するほうがいいことや、「IFCOUNT関数」と間違って覚えてしまった方向けのネタをご紹介してきました。

COUNTIF関数では、他にも間違った検索を見かけることがあります。

「COUNT IF」
で検索している方を時々見かけるのです。

[スポンサードリンク]

「COUNT IF」
というのは一見正しそうですが、
「COUNT」と「IF」の間にスペースが存在していることが問題です。

これでは、
「COUNT」という語句と
「IF」という語句の含まれているページを検索してしまいます。

「COUNT」と「IF」を含んだページを検索したいのなら
「COUNT IF」でまったく問題ありません。

ですが、
「COUNT IF」
で検索している方の前後の検索を見ていると
「COUNTIF」
について調べたいんだろうなと推測されることが多いのです。

「COUNT IF」
で検索しても、まあまあCOUNTIF関数について記述されたページはヒットしますが、
「COUNTIF」
で検索するほうがおすすめですよ。

関数の正式名は
「COUNT IF関数」ではなく
「COUNTIF関数」なのですから。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » ×COUNT IF関数、○COUNTIF関数

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » ×COUNT IF関数、○COUNTIF関数

「統計」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.