Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 別シートのデータを参照する・表示する

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

実務でExcelを使う場合、複数のワークシートを連動させるといったことが行われます。その最たるものが「3D集計」「3D参照」でしょう。

3D集計では複数シートの合計等を計算するわけですが、単純に他のシートのデータを参照する・表示させたいということもあります。

[スポンサードリンク]

「別のシートのデータを表示させたいのですが...?」
「あるセルの値を、他のワークシート上のセルと連動させるにはどうしたらいいのでしょうか?」
といったご質問をいただくことも少なくありません。

別のシートのセルを参照する操作手順

同一ワークシート上のセルを参照するのならば、「=A1」のような参照する式を入力しますが、別のワークシートであっても基本的な考え方は同じです。

▼操作手順:別シートのセルを参照する
※Sheet1のA1セルにSheet2のA1セルの値を表示する例
Sheet1のA1セルに「=」を入力
 ↓
シート見出し「Sheet2」をクリック
 ↓
Sheet2のA1セルをクリック
 ↓
数式バーに「=Sheet2!A1」と表示されたことを確認し[Enter]キーを押す

上記の操作をすれば、Sheet1のA1セルにSheet2のA1セルの値が表示されるようになります。

別シートのセル参照を行う操作の解説

同一シート上で、A1セルに別セルのデータを表示したいときには、A1セルに「=」を入力してから、別セルをクリックして[Enter]キーを押す、という操作をする方が多いでしょう。

別シートのセルを参照する場合は、そこにシートを選択する操作が追加されるだけです。
(上記の例ではシート見出し「Sheet2」のクリックが該当します。)

キーボード操作に慣れているのならば、Sheet1のA1セルに「=Sheet2!A1」を、全部キーボードから入力してもOKです。

もちろん、他のシートを参照する場合でも、参照しているセルが空っぽの場合には「0」と表示されます。

これを回避したいのであれば、参照式を、以前ご紹介したようにIF関数を利用して、
  =IF(Sheet2!A1="", "", Sheet2!A1)
  =IF(ISBLANK(Sheet2!A1), "", Sheet2!A1)
といった計算式にしてください。

最終更新日時:2020-10-16 13:32

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 別シートのデータを参照する・表示する

TrackBack:4

TrackBack URL
別シートへのセル参照をオートフィルで−INDIRECT関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 別のワークシートのセルを参照する方法をご紹介しました。 この方法をご存知の方からは、 「簡単に他の複数のシートのデータを表示させる方法はないのでしょうか?」 「オートフィルを使って他のシートのセルの値を表示できませんか?」 ...
他シートのデータを表示−リンク貼り付け from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 別シートのデータを参照する方法をご紹介しました。 参照するセルの数が少なければ、以前ご紹介した「=」を入力しておいてから別シートの参照したいセルを選択して[Enter]キーを押すという操作が簡単でしょう。 ですが参照範囲が広いよ...
COUNT関数で別シートのデータ数をカウント from インストラクターのネタ帳
COUNT関数を使って、別シートのデータ数をカウントする数式を入力する手順をご紹介しています。
VLOOKUPで別シートを参照する from インストラクターのネタ帳
エクセルのVLOOKUP関数で、別のシートを参照してデータを取得する手順を解説しています。

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 別シートのデータを参照する・表示する

「Excel(エクセル)の関数・数式の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.