Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 関数の引数を簡単に選択する−関数のヒント

関数の引数を簡単に選択する−関数のヒント

対象:Excel2002,Excel2003,Excel2007

関数の手入力時・編集時に表示される関数のヒントのもっとも基本的な使い方と、関数のヒントから関数のヘルプが簡単に表示できることをご紹介しました。

関数のヒントには、もう少し上級者向けの使い方もありますのでご紹介します。

実務では関数が入れ子になっていることはよくあります。

そんなときに、どの引数がどの関数の引数なのかがわかりにくいということも出てきます。

例えば先日ご紹介した、ISERROR関数でVLOOKUP関数のエラーを回避するような場合、
「=IF(ISERROR(VLOOKUP(B5,$H$5:$J$13,2,FALSE)),"",VLOOKUP(B5,$H$5:$J$13,2,FALSE))」
といった数式になり、どの引数がどの関数のものなのかが分かりにくくなってしまいます。

[スポンサードリンク]

このようなときに関数のヒントがとても役立つのです。


▼操作方法:関数の引数を選択する
関数のヒントの引数をクリックする

下図は数式バーで数式の解析をしようとしているところで、一番外側のIF関数の関数のヒントが表示された状態です。

関数の引数を簡単に選択する

このときに関数のヒントの「論理式」という部分をクリックすると、下図のように数式バー上のIF関数の第1引数「論理式」「(ISERROR(VLOOKUP(B5,$H$5:$J$13,2,FALSE))」が選択できます。

関数の引数を簡単に選択する

関数のヒントの「[真の場合]」をクリックすれば、下図のようにIF関数の第2引数「真の場合」「""」が選択され、

関数の引数を簡単に選択する

関数のヒントの「[偽の場合]」をクリックすれば、下図のようにIF関数の第3引数「偽の場合」「VLOOKUP(B5,$H$5:$J$13,2,FALSE)」が選択されます。

関数の引数を簡単に選択する

数式バー上でカーソルを移動して、ISERROR関数の「(」(カッコ)内にカーソルが入ると下図のようにISERROR関数のヒントが表示されます。

関数の引数を簡単に選択する

入れ子になっているISERROR関数の関数のヒントが表示された状態で、関数のヒントの「テストの対象」をクリックすれば、下図のようにISERROR関数の引数「VLOOKUP(B5,$H$5:$J$13,2,FALSE)」だけを選択することができます。

関数の引数を簡単に選択する

いかがでしょう。
自分の目で「,」や「)」を追いかけるよりも、表示領域の限られた[関数の引数]ダイアログに頼るよりも、数式全体を見渡すことができる状態で、どの引数がどの関数なのか一目瞭然のこの方法は。

実務では他の人が作った数式を解析するようなことがありますが、そんなときに苦労していたという方は一度この関数のヒントを利用してみてはいかがでしょう。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 関数の引数を簡単に選択する−関数のヒント

TrackBack:1

TrackBack URL
数式のデバッグ方法−F9キー・Escキー from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 実務で利用するワークシートでは数式が複雑になるこ...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 関数の引数を簡単に選択する−関数のヒント

「Excel(エクセル)の関数・数式の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.