Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 割引率の計算方法は?

対象:Excel2000, Excel2002, Excel2003, Excel2007

「割引率を計算するにはどうしたらいいのでしょうか?」
といったご質問をいただくことがあります。

(ここでいう割引率とは正味現在価値を求めるようなときの割引率ではなく、会員になると、一般に販売する際の通常価格に一定の割引率をかけた割引価格で購入できるようになったりするときの割引率です。)

通常価格と割引率から割引価格を求める数式は、
「通常価格−(割引率×通常価格)=割引価格」
です。

この式を変形していけば、通常価格と割引価格が与えられたときに、割引率を計算することは可能です。

[スポンサードリンク]

勿論関数なんて必要ありません。


▼操作方法:割引率を計算する
※B3セルに通常価格、C3セルに割引価格が入力されているときに、D3セルに割引率を計算する例

D3セルに
「=(B3-C3)/B3」
という数式を入力する

「通常価格−(割引率×通常価格)=割引価格」
を割引率を求める数式に変形する過程は以下のとおりです。

通常価格(割引率×通常価格)
割引価格





(割引率×通常価格)
割引価格通常価格




(割引率×通常価格)(割引価格通常価格)×−1



割引率×通常価格
(通常価格割引価格)




割引率


(通常価格割引価格)÷通常価格

(四則演算のルールで本来はカッコの不要な部分にもわかりやすさのために、あえてカッコを追加している箇所があります。)

最後の
「割引率=(通常価格−割引価格)÷通常価格」の右側
「=(通常価格−割引価格)÷通常価格」をExcelの数式にしたのが、
「=(B3-C3)/B3」
です。

▼サンプルファイル(003331.xls 33KByte)ダウンロード

サンプルファイルには、上記の数式と、比較のために通常価格と割引率が与えられているときに割引価格を計算する数式とが入力してありますのでご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 割引率の計算方法は?

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 割引率の計算方法は?

「Excel(エクセル)の関数・数式の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.