Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 計算方法の自動/手動切り替えをリボンから行う

計算方法の自動/手動切り替えをリボンから行う

対象:Excel2007

Excelが重いときに、計算方法を変更するのは、結構有効だと思っています。

大量の計算式が含まれていたりすると、どうしてもExcelの動作が重くなります。

こんなときに計算方法を[自動]から[手動]にすると、改善されることがあります。

難点を言えば、2003までのExcelで計算方法を変更するには、メニュー[ツール]−[オプション]から[オプション]ダイアログを表示しなければいけないということです。

[スポンサードリンク]
この計算方法の変更操作が、Excel 2007では簡単になっています。
▼操作方法:計算方法を手動にする
[数式]タブ
 −[計算方法]グループ
  −[計算方法の設定]
   −[手動]をクリックする

計算方法の自動/手動切り替えをリボンから行う

計算方法変更についての要望は多かったのでしょう。
ダイアログボックスをいちいち表示しなくても、上記のようにリボンの[数式]タブから簡単に変更することができます。

手動から自動にするのであれば、[数式]タブ−[計算方法]グループ−[計算方法の設定]−[自動]をクリックです。

数式が大量に含まれているようなブックをよく扱うような方は是非ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 計算方法の自動/手動切り替えをリボンから行う

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 計算方法の自動/手動切り替えをリボンから行う

「Excel(エクセル)の関数・数式の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.