Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 関数のネストレベル

対象:Excel

関数のネスト(入れ子)についてご紹介すると、
「関数はいくつまで入れ子にできるのでしょうか?」
というご質問をいただくことは少なくありません。

Excelの仕様についてのネタでExcel 2003のヘルプから抜粋したとおり、関数のネストレベルは「7」です。

こうお答えすると今度は、
関数の中に入れられるのが7ですか?
一番外を含めて7つですか?
というご質問をいただきます。

[スポンサードリンク]

答は、関数の中に入れられるが7です。

A1セルに点数が入力されていて、その得点に応じてアルファベットを表示させるような数式を入力してみます。(読みやすくするため改行やインデントを行っています。)

=IF(A1>=95,"a",
 IF(A1>=90,"b",
  IF(A1>=85,"c",
   IF(A1>=80,"d",
    IF(A1>=75,"e",
     IF(A1>=70,"f",
      IF(A1>=65,"g",
       IF(A1>=60,"h","i")
      )
     )
    )
   )
  )
 )
)

↑の例がExcelで指定できるもっとも深いネストです。
ネストレベル「7」というのは、関数の中に入れられる関数の深さで、一番外側の関数は含まない数です。

ちなみに、無理やりもう1レベル深くして↓のように入力して[Enter]キーを押すと、「入力した数式は正しくありません。」というメッセージが表示され、数式を確定することができません。

=IF(A1>=95,"a",
 IF(A1>=90,"b",
  IF(A1>=85,"c",
   IF(A1>=80,"d",
    IF(A1>=75,"e",
     IF(A1>=70,"f",
      IF(A1>=65,"g",
       IF(A1>=60,"h",
        IF(A1>=55,"i","j")
       )
      )
     )
    )
   )
  )
 )
)

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 関数のネストレベル

TrackBack:1

TrackBack URL
数式バーの折りたたみと展開−Excel2007 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007 Officeがバージョンアップされることに否定的な見解をお持ちの方も少なくないのでしょうが、やっぱりそれなりに便利になる部分は...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 関数のネストレベル

「Excel(エクセル)の関数・数式の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.