Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » 文字コードを調べる・確認する-CODE・MID関数

文字コードを調べる・確認する-CODE・MID関数

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010, Excel2013

「excel 文字コード 関数」
といった検索で、このサイト『インストラクターのネタ帳』へのアクセスが時折あります。

詳細ははっきりしませんが、セルに入力されている文字列の文字コードを調べる関数を探している方による関数でしょうか。

CODE関数を使うと文字コードを確認することができます。

[スポンサードリンク]

が、CODE関数で返される文字コードは先頭の1文字分だけなのです。

複数文字列の文字コードを調べる方法

複数の文字が入力されているときに、そのすべての文字の文字コードが一発で確認できるほうが便利でしょう。

そんな方法をご紹介しておきます。


▼操作手順:文字コード確認用シートを作成する
※B1セルに入力された5文字までの文字列の文字コードをB3セルから横に表示させる例

B2:F2セルに1から5の数字を入力
 ↓
B3セルに「=CODE(MID($B$1, B2, 1))」という数式を入力
 ↓
B3セルをF3セルまでオートフィル

CODE関数は1文字しか調べられないので、文字コードを調べたい元の文字列を1文字ずつバラバラにする必要があります。

MID関数で文字列を分解する

そのためにMID関数を使っています。

例えば、
 MID(B1, 1, 1)ならB1セルの1文字目
 MID(B1, 2, 1)ならB1セルの2文字目
 MID(B1, 3, 1)ならB1セルの3文字目
がそれぞれ取得できます。

事前にB2:F2セルに1から5の数字を入力したのは、このMID関数の第2引数で使うためです。

コピーすることを考えて第1引数を絶対参照にしたのが、
  MID($B$1, B2, 1)
の意味です。

文字コードをCODE関数で取得

この「MID($B$1, B2, 1)」を、CODE関数の引数に指定したのが上記の
  =CODE(MID($B$1, B2, 1))
という計算式です。

この数式を右方向にオートフィルなどでF3セルまでコピーすれば、B1セルに入力されている5文字までの文字列の文字コードが表示されるようになっています。

ここではとりあえず5文字分に対応させるためB2:F2に1から5までの整数を入力していますが、もっと長い文字列を調べたいのならG2セルより右に6以降の整数を入力して、B3セルに入力した数式をG3セルより右にもコピーしてください。

文字コードを16進数にしたい場合

CODE関数で返されるのはJISコードの10進数です。16進数の文字コードを調べたいのであればDEC2HEX関数を追加して
  =DEC2HEX(CODE(MID($B$1, B2, 1)))
という数式にしてください。

文字コードを調べるためのサンプルファイル

▼サンプルファイル(28KByte)ダウンロード

サンプルファイルには、10進数で表示する数式を3行目に、16進数で表示する数式を4行目に入力してあります。

2行目にはデータとしては1から5の数値しか入っていませんが、ユーザー定義書式「0"文字目"」を指定して「1文字目」「2文字目」という表示になるように設定してあります。

最終更新日時:2019-01-16 06:13

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » 文字コードを調べる・確認する-CODE・MID関数

TrackBack:1

TrackBack URL
Excelの改行コードは? from インストラクターのネタ帳
Excel(エクセル)の改行コードは、CODE関数を使うと簡単に調べることができます。

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » 文字コードを調べる・確認する-CODE・MID関数

「文字列」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.