Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » 文字数をカウントする関数−LEN関数

文字数をカウントする関数−LEN関数

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010

このサイト・インストラクターのネタ帳で
「エクセル 文字数 カウント方法」
といった検索が行われていることがあります。

Excelで、セルに入力されている文字列の文字数をカウントする方法を探している方の検索です。

セル内に入力されている文字数をかぞえる、そのものズバリの関数がExcelにはちゃんと用意されています。

[スポンサードリンク]

このサイトでもとっくにネタにしていたと思い込んでいたのですが、文字数をカウントする関数単体ではご紹介していなかったので、あらためて。


▼操作方法:セルに入力されている文字数をカウントする
※A1セルに入力されている文字数をB1セルに表示する例

B1セルに
「=LEN(A1)」
という数式を入力する

上記のような非常にシンプルな計算式で文字数を調べることができます。半角文字でも全角文字でも1文字のときに「1」を返してくれます。

LEN関数単体は、文字数を数えるだけのとても単純な関数ですが、他の関数と組み合わせると、さまざまなことができます。文字列処理を行う際によく使われる関数の一つです。

このサイトでも、以下のようなLEN関数を使ったネタをご紹介していますので、よろしければ合わせてご参照ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » 文字数をカウントする関数−LEN関数

TrackBack:1

TrackBack URL
Excel2010・2007の条件付き書式で空白なし条件を指定した場合−LEN関数・TRIM関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 Excel 2007・2010の条件付き書式では、空白以外と...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » 文字数をカウントする関数−LEN関数

「文字列」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.