Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » フリガナを表示する関数−PHONETIC関数

フリガナを表示する関数−PHONETIC関数

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

Excelにもフリガナをふる機能があることは既にご紹介しましたが、関数を使ってフリガナを表示させることもできます。

[スポンサードリンク]
PHONETICという、「音声を表す」「表音の」というような意味の名前の関数です。
▼操作方法 : 関数を使ってフリガナを取得する
(A1セルに「東京都」と入力済みでB1セルにフリガナを表示させる例)
B1セルに、「=PHONETIC(A1)」と入力して[Enter]キーを押す

関数を使いこなしている方だと、「カタカナじゃなくてひらがなにしたいんだけど引数に何を指定すればいいのかな」と思われるかもしれませんが、引数ではひらがなに変更できません。

PHONETIC関数は、元のセルのフリガナを取得するだけの関数なのです。

ですからひらがなにしたい場合は元の(上の例であればA1)セルのフリガナの設定を変更する必要があります。設定変更については、「ふりがなをふる」 というネタを参照してください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » フリガナを表示する関数−PHONETIC関数

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » フリガナを表示する関数−PHONETIC関数

「文字列」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.