Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » TinyFootprintモードでタブを切り替える

対象:WindowsXP

タスクマネージャをタイトルバー・メニューバー・ステータスバーのない、Tiny Footprintモードにする方法をご紹介しました。

Tiny Footprintモードについてご紹介すると、
「Tiny Footprintモードって一見便利ですけど、タブの切り替えが不便ですね」
「Tiny Footprintモードのときはタブは切り替えられないんですよね?」
といった声を聞くことがあります。

通常タスクマネージャには、

  • アプリケーション
  • プロセス
  • パフォーマンス
  • ネットワーク
  • ユーザー

といったタブが存在しています。

[スポンサードリンク]

ところがTiny Footprintモードになるとタブも表示されないため、いただくことになる声です。


▼操作方法:ダイアログの表示タブを切り替える
[Ctrl]キー+[Tab]キーを押す
 または
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[Tab]キーを押す

インストラクターのネタ帳では、Excelの[セルの書式設定]ダイアログをキーボードで操作する方法をご紹介しました。

この中でタブの切り替え操作をご紹介したわけですが、まったく同じことです。
Windows全般で共通する操作なのですから。

[Ctrl]+[Tab]/[Ctrl]+[Shift]+[Tab]は、Windows全般で有効な操作ですから、特にノートパソコンをご利用の方は覚えておくといいんじゃないでしょうか。

[Ctrl]+[Tab]/[Ctrl]+[Shift]+[Tab]を覚えておけば、タブの表示されていないTiny Footprintモードのタスクマネージャでもタブの切り替えに困ることはありません。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » TinyFootprintモードでタブを切り替える

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » TinyFootprintモードでタブを切り替える

「Windows(ウィンドウズ)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.