Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » SendToフォルダを簡単に開く−WindowsXP

対象:WindowsXP

Windowsエクスプローラやフォルダウィンドウで、右クリックして表示されるショートカットメニューにある[送る]は、便利な機能です。

ショートカットを登録しておくことで、簡単にアプリケーションを指定して開くことができたりします。

[送る]にショートカットを登録するには、「SendTo」フォルダを開く必要がありますが、「SendTo」フォルダの場所がちょっとわかりにくい場所にあるため
「SendToフォルダってどこにあるんでしたっけ?」
という質問を受けることは少なくありません。

[スポンサードリンク]

「C:\Documents and Settings\ユーザ名\SendTo」が、「SendTo」フォルダの実体なのですが、[ファイル名を指定して実行]ダイアログを利用すれば、フルパスを意識しなくても簡単に開くことができてしまいます。


▼操作手順:SendToフォルダを開く
[Windows]キー+[R]キーを押す
 ↓
[ファイル名を指定して実行]ダイアログ−[名前]欄に
 「SendTo」と入力し[Enter]キーを押す

Windowsエクスプローラやフォルダウィンドウで上から探すより、ずっと簡単だと思います。「SendTo」フォルダを探すのに苦労したという経験のある方は是非お試しください。

なお、[ファイル名を指定して実行]ダイアログについて、このサイトでは以下のようなネタをご紹介しています。合わせてご参照ください。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » SendToフォルダを簡単に開く−WindowsXP

TrackBack:1

TrackBack URL
VistaでSendToフォルダを開く−Shell:SendTo from インストラクターのネタ帳
対象:WindowsVista Windows Vistaでは、SendToフォルダがXPとは異なっていることをご紹介しました。 しかし正直言って、この...

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » SendToフォルダを簡単に開く−WindowsXP

「Windows(ウィンドウズ)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.