Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » エラー報告をしたくない

対象:Windows XP

昔と比較すれば随分少なくなったとは思いますが、アプリケーションソフトが急に終了するということがあります。いわゆる「落ちる」という現象です。

Windows XPでは、ソフトが落ちたときにエラーについて報告するようになっています。

Windows XPをお使いの方なら、
「問題が発生したため、xxx.exeを終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。
作業途中であった場合、その情報は失われた可能性があります。
この問題を、Microsoftに送信してください。
弊社に送信するためのエラー報告が作成されました。弊社では、この報告を匿名の機密情報として扱います。」
といったメッセージボックスを何度かご覧になったことがあるはずです。

[スポンサードリンク]

メッセージボックスの[エラー報告を送信する]ボタンをクリックすれば、Microsoftにエラーに関連した情報が送信され、[送信しない]をクリックすれば送信されません。(ちなみにどんな情報が送信されるかについては、「Microsoft オンライン クラッシュ ダンプ解析サービス データ収集ポリシー」をご覧ください。)

具体的に何が送信されているのかわからないので、必ず[送信しない]ボタンをクリックしている方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は以下の設定変更をしてみてはいかがでしょう。


▼操作手順:エラー報告を無効にする
マイコンピュータを右クリックし、ショートカットメニュー[プロパティ]をクリック
 ↓
[システムのプロパティ]ダイアログ−[詳細設定]タブをクリック
 ↓
[エラー報告]ボタンをクリック
 ↓
[エラー報告]ダイアログ−[エラー報告を無効にする]オプションボタンをOnに
 ↓
[エラー報告]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック
 ↓
[システムのプロパティ]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

この設定にしておけば、以後エラー報告が送信されないようになります。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » エラー報告をしたくない

TrackBack:1

TrackBack URL
Windows XP のエラー報告機能で個人情報が漏れることがある from ぱふぅ家のホームページ
Windows XP のエラー報告機能によってマイクロソフトにエラー報告を行うと、意図せずに個人情報や各種機密情報をも送ってしまうことがあります。

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » エラー報告をしたくない

「Windows(ウィンドウズ)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.