Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 配布資料を、穴埋め書き込み式・もんたメソッドに

配布資料を、穴埋め書き込み式・もんたメソッドに

対象:PowerPoint2002, PowerPoint2003

ネタフルさんの「プレゼンの際の手元資料の作り方」というエントリーで、プレゼンテーション時の配布資料を「もんたメソッド」で作ることが提案されています。

配布資料を、穴埋め式・書き込みスタイルにするというのは、確かに有効な方法だと感じます。

[スポンサードリンク]

このサイトでも、PowerPointでもんたメソッドを実装する方法をご紹介しました。

そのネタの中では、文字列を隠すためのオートシェイプとして[基本図形]−[メモ]がそれっぽく見える、とご紹介しましたが、穴埋め書き込みスタイルの配布資料として活用するのなら、単純な[四角形]の方がよさげです。

また隠すためのオートシェイプの塗りつぶし色は、白色にしておく方がいいでしょう。

▼サンプルファイル(002191.ppt 19KByte)ダウンロード


▼操作手順:クリックすると文字が表示されるようにする
※オートシェイプ[四角形]、[ストリップ]効果を利用する例
通常の文章をプレースホルダに入力
 ↓
[図形描画]ツールバー−[四角形]をクリック
 ↓
プレースホルダ上でドラッグして文章の一部を隠す
 ↓
[図形描画]ツールバー−[塗りつぶしの色]ボックスから色を指定
 ↓
上記の手順で作成した[四角形]が選択された状態で
 メニュー[スライドショー]−[アニメーションの設定]をクリック
 ↓
[アニメーションの作業ウィンドウ]
 −[効果の追加]−[終了]−[ストリップ]をクリック

あとは、上記の手順でアニメーションまで設定した[四角形]をコピーして、移動・サイズ変更を行う方が簡単でしょう。

[四角形]を作って一つ一つアニメーションを設定するよりもコピーするほうが、手間が少なくて済むはずです。

コピーは、[Ctrl]+[C]&[Ctrl]+[V]でもいいですが、図形を選択しておいてショートカットキー[Ctrl]+[D]ならコピーと貼り付けが一発で済むのでおすすめです。

[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 配布資料を、穴埋め書き込み式・もんたメソッドに

TrackBack:1

TrackBack URL
アニメーションの設定されている図形を非表示にするパワポマクロ from インストラクターのネタ帳
PowerPoint(パワーポイント)で、アニメーションの設定されている図形を非表示にするマクロを作成しました。いわゆるもんたメソッドで作った資料を、文字...

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 配布資料を、穴埋め書き込み式・もんたメソッドに

「PowerPoint(パワーポイント)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.