Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » PowerPoint 2010でノートをまとめて削除する-ファイルタブ-情報-問題のチェック-ドキュメント検査

PowerPoint 2010でノートをまとめて削除する-ファイルタブ-情報-問題のチェック-ドキュメント検査

対象:PowerPoint2010

以前にご紹介したようなPowerPointマクロを使わなくても、PowerPoint 2007ではノートを一括削除できることをご紹介しました。

PowerPoint 2010でも、やはりマクロを使わなくてもノートをまとめて削除できます。

[スポンサードリンク]

ノート削除操作は2010と2007では異なる

PowerPoint 2010でノートを削除するのも、基本的な流れは2007と同じなのですが、最初に[ドキュメント検査]ダイアログを表示する操作が、2010と2007とでは異なりますので、その操作をご紹介しておきます。


▼操作概要:ドキュメント検査ダイアログを表示する
[ファイル]タブ
 -[情報]
  -[問題のチェック]
   -[ドキュメント検査]をクリックする

PowerPoint 2007の場合、[ドキュメント検査]ダイアログは、
  [Officeボタン]-[配布準備]-[ドキュメント検査]から表示しましたが、
2010の場合は
  [ファイル]タブ-[情報]-[問題のチェック]-[ドキュメント検査]です。

PowerPoint2010でノートをまとめて削除する-

[ドキュメント検査]ダイアログを表示しようとしたあとの操作は、PowerPoint 2007の場合と同様です。

PowerPoint 2010をお使いの方で[ドキュメント検査]ダイアログをご覧になったことがないという方は、一度ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » PowerPoint 2010でノートをまとめて削除する-ファイルタブ-情報-問題のチェック-ドキュメント検査

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » PowerPoint 2010でノートをまとめて削除する-ファイルタブ-情報-問題のチェック-ドキュメント検査

「PowerPoint(パワーポイント)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.