Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 表に行を追加・挿入するショートカットキーは?-最終セルでTab

表に行を追加・挿入するショートカットキーは?-最終セルでTab

対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「ppt 表 行 追加 ショートカットキー」
という検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で行われていました。

過去のアクセスログを調べてみると
「powerpoint 行追加 ショートカット」
「powerpoint 行の挿入 ショートカット」
「パワーポイント 表 行 追加」
という検索でのアクセスも時折見られます。

PowerPointで、表に行を追加するショートカットキー、表に行を簡単に挿入する方法を探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

厳密にはショートカットキーとは違うのでしょうが、以下のようなキーボード操作で、PowerPointの表に行を追加することができます。


▼操作方法:表に行を追加する
表の最終セルにカーソルのある状態で[Tab]キーを押す

既にご紹介しているとおり、Wordで表の最後のセルにカーソルのある状態で[Tab]キーを押すと行の追加が行われます。

まったく同じ操作でPowerPointでも行の追加が行われるわけです。

Microsoft Officeの兄弟である、Word・Excel・PowerPointでは、似ている部分と、一見似ているようで実は違う部分があります。

表の最終セルで[Tab]キーを押すことで表に行を追加できるのは、WordとPowerPointで似ている部分です。

似ている部分は一緒に覚えてしまうというのは、どんな学習であれ、効率的に学習するために重要な方法の一つです。

関連語句
短縮キー, Keyboard shortcuts, キーボードショートカット
[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 表に行を追加・挿入するショートカットキーは?-最終セルでTab

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 表に行を追加・挿入するショートカットキーは?-最終セルでTab

「PowerPoint(パワーポイント)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.