Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » アウトラインタブとスライドタブを切り替えるショートカットキー-Ctrl+Shift+Tabキー

アウトラインタブとスライドタブを切り替えるショートカットキー-Ctrl+Shift+Tabキー

対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010

PowerPoint 2010から実装されたセクションについてご紹介しました。

大量のスライドの含まれるプレゼン資料を作成するときに便利なのですが、ちょっと不満も感じています。

[アウトライン]タブでは、セクションがわからないのです。

セクションを使用しているプレゼンテーションファイルを編集するときに、[アウトライン]タブと[スライド]タブを切り替える操作が、私の場合、以前より増えました。

[スポンサードリンク]

[アウトライン]タブと[スライド]タブを切り替えるショートカットキーを記事にしていなかったので、あらためてご紹介しておきます。


▼操作方法:アウトラインタブとスライドタブを切り替える
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[Tab]キーを押す

[Ctrl]+[Shift]+[Tab]キーを押すたびに、[アウトライン]タブと[スライド]タブの表示が切り替わります。

[アウトライン]タブと[スライド]タブの表示切り替えをマウスで行っていたという方は一度お試しください。

また、次のバージョンのPowerPointでは、[アウトライン]タブでもセクションがわかるようになることを期待したいと思います。

関連語句
キーボードショートカット, 短縮キー, Keyboard shortcuts
[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » アウトラインタブとスライドタブを切り替えるショートカットキー-Ctrl+Shift+Tabキー

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » アウトラインタブとスライドタブを切り替えるショートカットキー-Ctrl+Shift+Tabキー

「PowerPoint(パワーポイント)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.