Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 「:-)や==>を特殊な記号に変更する」とは

対象:PowerPoint2002,PowerPoint2003

「[:-)や==>を特殊な記号に変更する]というチェックボックスがありますが、どんな入力をするとどんな記号になるのですか?」
というご質問をいただいたことがあります。

[:-)や==>を特殊な記号に変更する]チェックボックスは、メニュー[ツール]−[オートコレクトのオプション]をクリックをクリックすると表示される、[オートコレクト]ダイアログ−[入力オートフォーマット]タブに存在しています。

[:-)や==>を特殊な記号に変更する]チェックボックスがOnの状態で、日本語入力をOffにして、「:-)」と入力すればフェースマークに変換され、「==>」と入力すれば矢印に変換されます。

「:-)」や「==>」については、[:-)や==>を特殊な記号に変更する]と表示されているのでOKですが、他にはどんな入力をするとどんな記号になるのか、とういうのが質問の主旨です。

[スポンサードリンク]

オートコレクト機能はOffice間で連動した機能ですので、Wordの[オートコレクト]ダイアログを表示すると確認することができます。


▼操作手順:オートコレクトの自動修正される文字列を確認する
Wordの、メニュー[ツール]−[オートコレクトのオプション]をクリック
 ↓
[オートコレクト]ダイアログ−[オートコレクト]タブをクリック

[オートコレクト]ダイアログ−[オートコレクト]タブの下の方に、[入力中に自動修正する]チェックボックが存在し、表が表示されています。

このWordの[入力中に自動修正する]表内に表示されている「:-)」や「==>」などが、PowerPointの[:-)や==>を特殊な記号に変更する]チェックボックスと連動しているのです。

[オートコレクト]ダイアログ−[オートコレクト]タブ−[入力中に自動修正する]表の左側の列に元の文字列、右側の列に変換後の記号・文字列が表示されています。

PowerPointの[オートコレクト]ダイアログ−[オートコレクト]タブにも、[入力中に自動修正する]表はあるのですが、Wordにだけ表示されていてPowerPointに表示されていないものとして以下のような文字列があります。

:(
:-(
:)
:-)
:|
:-|
<--
<==
<=>
==>
-->

これらが、PowerPointの[オートコレクト]ダイアログ−[入力オートフォーマット]タブ−[:-)や==>を特殊な記号に変更する]チェックボックスで意味する、記号に変更される文字列です。

▼サンプルファイル(002298.ppt 23KByte)ダウンロード

[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 「:-)や==>を特殊な記号に変更する」とは

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 「:-)や==>を特殊な記号に変更する」とは

「PowerPoint(パワーポイント)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.