Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » ノートの文字サイズを変更したい-Ctrl+ホイール

ノートの文字サイズを変更したい-Ctrl+ホイール

対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010

PowerPointでプレゼン資料を作成しているときに、ノート部分に注意事項などを入力するという方は多いでしょう。

このノート部分の表示が、何かの拍子に、妙に小さくなってしまうことがあります。

[スポンサードリンク]

そんなときの対処方法をご紹介しておきます。


▼操作方法:ノート部分の表示サイズを変更する
ノート部分にカーソルを移動して
 [Ctrl]キーを押しながらマウスホイールを回転する

[Ctrl]キーを押しながらマウスホイールというのは、Windowsでよく知られた、サイズを変更する便利な操作です。

Microsoft Office製品で表示倍率を変更したり、デスクトップアイコンのサイズを変更したり、付箋の文字サイズを変更したりを、[Ctrl]キーを押しながらマウスホイールを回転することでできます。

その操作を、カーソルをPowerPointのノートペインに入れておいてから行うと、ノート部分の表示サイズが変更されます。

ノートの文字サイズが小さくなって読みづらいという方は、是非お試しください。

関連語句
パワーポイントのクリックしてノートを入力の文字サイズ変更の仕方
[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » ノートの文字サイズを変更したい-Ctrl+ホイール

TrackBack:1

TrackBack URL
ノートのフォントサイズをまとめて変更するマクロ from インストラクターのネタ帳
対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010 [Ctrl]キーを押しながら、マウスホイールを回転す...

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » ノートの文字サイズを変更したい-Ctrl+ホイール

「PowerPoint(パワーポイント)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.