Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 次のプレースホルダへカーソル移動

対象:PowerPoint

PowerPointにあまり慣れてらっしゃらない方がやってしまいがちな操作があります。

タイトルのプレースホルダに文字を入力し終わって、本文側のプレースホルダにカーソルを移動させようとして[Tab]キーや[Enter]キーを押すという操作です。

(ちなみにプレースホルダとは、「クリックしてタイトルを入力」「クリックしてテキストを入力」などと表示されている、点線で囲われたボックスのことです。)

[スポンサードリンク]

プレースホルダ内で[Tab]キーを押せばタブが挿入されますし、[Enter]キーを押せばタイトルプレースホルダ内で改行が行われてしまい、本文側のプレースホルダにカーソルは移動しません。


▼操作方法:次のプレースホルダへカーソルを移動させる
入力が終了したら、[Ctrl]キー+[Enter]キーを押す

次のプレースホルダへカーソルを移動したいときは、↑の操作です。

スライド上の最後のプレースホルダで同じ操作をすると、同じレイアウトのスライドが新規に挿入されます。

[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 次のプレースホルダへカーソル移動

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 次のプレースホルダへカーソル移動

「PowerPoint(パワーポイント)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.