Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 使いやすいモードで表示されるように

対象:PowerPoint2002,PowerPoint2003

PowerPointにはいくつかの表示モードが用意されていて、編集時にもっともよく使われる[標準]表示モードでは、[ペイン]と呼ばれるいくつかの部分に分かれています。

メインのスライドを表示する[スライド]ペイン。
[スライド]ペインの下に表示される[ノート]ペイン。
スライドが縮小表示される[スライド]タブと、タイトル&本文を表示する[アウトライン]タブ。

それぞれしっかり役割のある部分ですが、すべての人がすべてのペインを必要としているかというとそんなことはないはずです。

[スポンサードリンク]

また、[標準]表示モードの他に、[スライド一覧][ノート]といった表示モードもあります。

プレゼンテーション全体の構成を考えるときには[スライド一覧]表示、プレゼン中に話す内容を考えるときには[ノート]表示に切り替えると便利なはずです。

ご自分でよく使う表示モードが決まっている場合、[標準]表示モードですべてのペインが表示される状態を初期状態にしておくよりは、自分のよく使う状態にしておく方が便利ではないでしょうか。


▼操作手順 : 表示モードの設定を変更する
メニュー[ツール]−[オプション]をクリック
 ↓
[オプション]ダイアログ−[表示]タブをクリック
 ↓
[標準表示]
 −[この表示ですべてのドキュメントを開く]から
  使いやすい表示モードを選択
 ↓
[オプション]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

[標準表示]−[この表示ですべてのドキュメントを開く]コンボボックスから

  • ファイルに保存された表示
  • 標準表示モード(アウトライン、ノート、スライド)
  • 標準表示モード(サムネイル、ノート、スライド)
  • 標準表示モード(アウトライン、スライド)
  • 標準表示モード(サムネイル、スライド)
  • 標準表示モード(ノート、スライド)
  • 標準表示モード(スライド)
  • アウトライン表示モード
  • スライド一覧表示モード
  • ノートモード

といったさまざまな表示状態を設定することができます。

なお、[標準]表示モードで一部のペインが表示されていない状態に設定したとしても、メニュー[表示]−[標準(ペインを元に戻す)]をクリックすれば、すぐにすべてのペインの表示された状態になります。

[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 使いやすいモードで表示されるように

TrackBack:1

TrackBack URL
「クリックしてノートを入力」が邪魔 from インストラクターのネタ帳
対象:PowerPoint2002,PowerPoint2003 PowerPointのノート機能について何度かご紹介してきました。 使い慣れた方には便...

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 使いやすいモードで表示されるように

「PowerPoint(パワーポイント)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.