Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 日付・時間の表示形式 » 24時間を超える時間を表示−[h]:mm

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

Excelで勤務管理用ワークシートを作成しているような方から
「24時間を超える時間を表示するにはどうすればいいのでしょうか?」
「24時を超えた時刻を25時・26時のように表示できないのでしょうか?」
といったご質問をいただくことがあります。

Excelの書式設定についての定番と言っていい質問の一つです。

[スポンサードリンク]

以前、経過時間を分単位で表示させるためのユーザー定義書式についてご紹介しましたが、24時間を超える時間も同様の方法で表示できます。


▼操作手順:24時間を超える時間を表示する
[Ctrl]キー+[1]キーを押す
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[表示形式]タブをクリック
 ↓
[分類]欄−「ユーザー定義」をクリック
 ↓
[種類]欄に「[h]:mm」と入力
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

上記の設定をすれば、「25:07」といった表示になります。

分が一桁のときに十の位に「0」を表示させず「25:7」でよければ、「[h]:mm」ではなく「[h]:m」としてください。

「25:07:08」のように秒まで表示させたいのであれば、「[h]:mm:ss」です。

「25時間07分」のように表示させたければ「[h]"時間"mm"分"」です。

▼サンプルファイル(001508.xls 22KByte)ダウンロード

サンプルファイルでは、B5:D35セルとD37セルに「[h]:mm」書式を、D2セルに「[h]"時間"mm"分"」書式を設定しています。

D5:D35セルは、退社時刻から出社時刻を引くので「=C5-B5」でOKですが、出社時刻か退社時刻が未入力の場合は計算しないようにIF関数とOR関数を利用して「=IF(OR(C5="",B5=""),"",C5-B5)」といった計算式にしています。


その他サンプルファイルでは、以下のような計算式の入力や書式設定が行ってありますので、興味のある方は解析してみてください。

A1セルに年、A2セルに月を入力すると、A5:A32セルに
自動的に日付・曜日が表示される計算式
A33:A35セルには
日付・曜日を表示する際に翌月の日付が表示されないような計算式
を入力してあります。

A5:D35セルには
土日のセル色を変更する条件付き書式
休日のセル色を変更する条件付き書式
を設定してあります。

A5:A13セルには
9日以前と10日以降で「月」の文字が揃うようにユーザー定義書式
を設定しています。

関連語句
24時間を越えた時間, 稼働時間, 25:00
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 日付・時間の表示形式 » 24時間を超える時間を表示−[h]:mm

TrackBack:1

TrackBack URL
Google Apps Scriptで時間・時刻の表示形式を設定する from インストラクターのネタ帳
Googleスプレッッドシートの、時間・時刻の表示形式を設定・取得するGAS(Google Apps Script)スクリプトをご紹介しています。

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 日付・時間の表示形式 » 24時間を超える時間を表示−[h]:mm

「日付・時間の表示形式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.