Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 一覧表示に切り替えるキーボード操作-Alt→V→Dキー

一覧表示に切り替えるキーボード操作-Alt→V→Dキー

対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010

全体の構成を考えながらPowerPointでプレゼンテーション資料を作成していると、表示状態を切り替える操作が頻発することがあります。

[スライド一覧]にして全体の構成を考えたり、[標準]状態にして個々のスライドを修正したりと、表示切り替えを頻繁に行うことが、特に、スライド枚数の多いプレゼンテーション資料を作成していると発生しがちです。

[スポンサードリンク]

頻繁にスライド一覧表示にする場合、キーボード操作を利用するほうが便利だと思いますのでお試しください。


▼操作手順:スライド一覧表示にする
[Alt]キーを押す
 ↓
[V]キーを押す
 ↓
[D]キーを押す

Office 2007・2010でも2003までのOfficeと同じアクセスキーを利用できることを何度かご紹介しています。

[Alt]→[V]→[D]キーもそんなアクセスキーの一つです。

PowerPoint 2007・2010でスライド一覧表示にするアクセスキーは、[Alt]→[W]→[I]で、押すキーの数は変わりませんが、まだまだPowerPoint 2003も使われている現状、PowerPoint 2003でも有効な[Alt]→[V]→[D]キーのほうが便利だと考えています。

メニュー[表示]-[スライド一覧]は、英語版では[View]-[sliDe sorter]で、この[V][D]がアクセスキーになっています。

スライド一覧表示から標準表示にする場合は、スライドをダブルクリックしたり[Enter]キーを押すでしょうから、アクセスキーを使うことはあまりないと思いますが、[Alt]→[V]→[N]キーが標準表示にするアクセスキーです。

2007以降のPowerPointの場合、ここでご紹介したアクセスキーでの操作も面倒なら、[表示]タブ-[スライド一覧]上で右クリックしてクイックアクセスツールバーにボタン登録して、[Alt]キーを使った疑似ショートカットキーの利用もお試しください。

[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 一覧表示に切り替えるキーボード操作-Alt→V→Dキー

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 一覧表示に切り替えるキーボード操作-Alt→V→Dキー

「PowerPoint(パワーポイント)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.