Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 日付計算 » スケジュール表に月末最終営業日を表示

スケジュール表に月末最終営業日を表示

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

EOMONTH関数を使って、土日を除いた月末の最終営業日を表示する方法をご紹介しました。

Excelでスケジュール表を作成している方からは、土日を除外した月末最終営業日をスケジュール表上にわかりやすく表示したい、という要望をいただくことがあります。

[スポンサードリンク]

Excelに慣れていない方の場合、いきなりスケジュール表に表示を行おうとしてしまう傾向がありますが、1つのセルで式を完成させようとするのではなく、自分の理解できる単位に課題を分解して、複数のセルを使って式を作成していくことをおすすめします。


▼操作手順:スケジュール表の月末最終営業日を目立つようにする
※A5:A35セルに日付が表示されているときに、D1セルに月末日、D2セルに土日を除外した月末最終営業日をそれぞれ表示し、C30:C35セルの月末最終営業日に該当する日に「月末最終営業日」と表示する例

D1セルに
「=EOMONTH(A5,0)」
という数式を入力
 ↓
D2セルに
「=IF(WEEKDAY(D1,2)=7,D1-2,IF(WEEKDAY(D1,2)=6,D1-1,D1))」
という数式を入力
 ↓
C30セルに
「=IF(A30=$D$2,"月末最終営業日","")」
という数式を入力
 ↓
C30セルをC35セルまでオートフィル

D1セルに「=EOMONTH(A5,0)」、D2セルに「=IF(WEEKDAY(D1,2)=7,D1-2,IF(WEEKDAY(D1,2)=6,D1-1,D1))」という数式を入力するのは、先日ご紹介した数式の一部を外に出すネタの中でご紹介した方法そのままです。

C30セルに入力した「=IF(A30=$D$2,"月末最終営業日","")」という数式は、IF関数を使ったのもっとも基本とでもいうべき数式です。A30セルとD2セルの値が同じなら、即ちスケジュール表の日付が表示されているA30セルと、月末最終営業日とが同じなら「月末最終営業日」と表示し、そうでなければ何も表示しないという数式です。

「=IF(A30=$D$2,"月末最終営業日","")」という数式をC30:C35セルに入力しているのは、土日を除いた月末最終営業日となる可能性があるのが、26日から31日だけだからです。(2月の27日が土曜日、28日が日曜日のときに26日の可能性があります。)

▼サンプルファイル(003150.xls 68KByte)ダウンロード

サンプルファイルの「スケジュール表」シートでは、上記の数式のほかに様々な設定が行ってあります。興味のある方は以下のようなネタをご参照ください。

関連語句
月の最終日を示す

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 日付計算 » スケジュール表に月末最終営業日を表示

TrackBack:2

TrackBack URL
土日と祝日・祭日・休日を除いた月末最終営業日を取得−WORKDAY関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 土日を除外した月末日関連のネタを何度かご紹介してき...
土日休日を除いた月末最終営業日をスケジュール表に表示−WORKDAY関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 WORKDAY関数を利用すると、土曜日・日曜日・...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 日付計算 » スケジュール表に月末最終営業日を表示

「日付計算」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.