Home » Excel(エクセル)の使い方 » ワークシートのコピー

対象:Excel
「ワークシートをコピーするにはどうすればいいのですか」 Excel初心者の方からよくいただく質問の一つです。

このサイトでも「シート」「コピー」という単語の組み合わせは、かなり検索されています。

[スポンサードリンク]

いくつかの操作方法がありますが、メニューから操作する場合は以下のとおりです。


▼操作手順:ワークシートをコピーする
メニュー[編集]−[シートの移動またはコピー]をクリック
 ↓
[シートの移動またはコピー]ダイアログ−[コピーを作成する]チェックをOnに
 ↓
[挿入先]リストからコピーしたい場所を指定し[OK]ボタンをクリック

[編集]メニューにコマンドがあることがちょっとわかりにくいようです。右クリックをしてショートカットメニューを表示させる方が簡単でしょうか。

▼操作方法:[シートの移動またはコピー]ダイアログを表示する
コピーしたいワークシートのシート見出し上で右クリック
 ↓
ショートカットメニュー[移動またはコピー]

[シートの移動またはコピー]ダイアログは表示できたのに、[コピーを作成する]チェックを見落としてしまう方が少なくない印象があります。[コピーを作成する]チェックがダイアログの下の方にあって、[挿入先]リストにかなり近い位置に表示されているためかもしれません。

▼操作手順:ワークシートをコピーする
[Ctrl]キーを押しながらコピーしたいワークシートのシート見出しのドラッグを開始
 ↓
コピーしたい先でドロップ(マウスボタンから指を離す)

[Ctrl]キーを押しながらドラッグアンドドロップというのは、何かをコピーするときにWindowsでかなり共通して使える操作ですから、慣れた方の場合この操作をすることが多いでしょう。

[Ctrl]キーを押しながらセルをドラッグアンドドロップすればセルがコピーされますし、オートシェイプも[Ctrl]キーを押しながらドラッグアンドドロップすることで複製することができます。更に、Windowsエクスプローラやフォルダウィンドウでファイルを[Ctrl]キーを押しながらドラッグアンドドロップすればファイルをコピーできるわけでそれと同じ感覚でExcelのワークシートもコピーはできます。

インストラクターとしては何か操作を紹介するときに、汎用性のある操作はまとめて紹介することの有効性を感じます。

[シートの移動またはコピー]ダイアログを使う方法でも、[Ctrl]キーを押しながらのドラッグアンドドロップでも、複数のシートを選択しておけばまとめてコピーを行うことができます。

それから、たくさんの文字が入力されているセルのあるワークシートをコピーすると、メッセージが表示されるケースもありますが、そちらの対処法についてもネタを公開していますので合わせてご参照ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ワークシートのコピー

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ワークシートのコピー

「Excel(エクセル)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.