Home » Excel(エクセル)の使い方 » 選択範囲を拡大・縮小表示する-ズームボックス

選択範囲を拡大・縮小表示する-ズームボックス

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

ワークシートの表示サイズを変更するために、[標準]ツールバーの[ズーム]ボックスは多くの方がお使いの機能です。

[スポンサードリンク]

けれども、[選択範囲]を使っている方はあまり多くない印象があります。とても便利であるにも関わらず。


▼操作方法 : 選択した箇所をズーム表示する
ワークシート上で拡大/縮小表示したい範囲を選択する
 ↓
[標準]ツールバー
 -[ズーム]ボックスから[選択範囲]を選択

上記の操作で選択されていた箇所全体が表示されるように、ズーミングされます。

[標準]ツールバー−[ズーム]ボックス−[選択範囲]

拡大/縮小表示をしたいときに、適当な数値を手入力して試行錯誤する方が少なくないと思いますが、一度[標準]ツールバー−[ズーム]ボックス−[選択範囲]を試してみてください。

実際にズーミングがされると、大きすぎたり小さすぎたりといったこともありますが、[範囲選択] を実行すると[ズームボックス]の値が表示倍率に変化しますので、この数値を目安に微修正すればいいでしょう。

[選択範囲]を利用せず、はじめから勘で数値を入力して試行錯誤するより、ずっとスマートじゃないかと私は思います。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 選択範囲を拡大・縮小表示する-ズームボックス

TrackBack:2

TrackBack URL
表示倍率を簡単に変更−選択範囲に合わせて拡大/縮小 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007 プレゼンテーションやセミナーなどで、Excelの画面を使って説明するというシーンに出くわすことがよくあります。 そんなとき便利...
Excel2010で選択範囲をズーム-選択範囲に合わせて拡大/縮小 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2010 このサイト・インストラクターのネタ帳で 「エクセル2010 ズーム 選択範囲」 という検索が行われていました。 2003までの...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 選択範囲を拡大・縮小表示する-ズームボックス

「Excel(エクセル)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.