Home » Excel(エクセル)の使い方 » 可視セルだけ合計する−オートカルク


可視セルだけ合計する−オートカルク

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007

SUBTOTAL関数を使って可視セル(見えているセル)だけ合計する方法をご紹介しました。

他にも可視セルだけ合計する方法がありますのでご紹介しておきます。

数式を一切入力することなく、見えているセル・表示されているセルの合計を計算することができます。

[スポンサードリンク]

オートカルクを利用するのです。


▼操作手順:可視セルだけ合計する
合計したいセルを選択
 ↓
オートカルクで合計を選択

オートカルクというのは、計算式を入力しなくても、セルを選択するだけで、入力されたデータの集計結果・計算結果を確認できる機能です。

2003までのExcelでは集計方法は一つしか選べませんでしたが、Excel 2007では複数の集計・計算を同時に表示できるようになっています。

このオートカルクならば、可視セルの集計だけが行われます。

非表示になっているセルを含んで範囲選択した場合、非表示セルは無視され、見えているセル・表示されているセル・可視セルだけの合計を求めることができます。

オートカルクについてご存じなかった方は、一度ご確認ください。

関連語句
AutoCalculate feature
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 可視セルだけ合計する−オートカルク

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 可視セルだけ合計する−オートカルク

「Excel(エクセル)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.