Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » スタイルをクリアする−スタイルボックス


スタイルをクリアする−スタイルボックス

対象:Word 97,2000,2002,2003

[Ctrl]+[スーペース]キーでフォント書式のクリア、[Ctrl]+[Q]キーで段落書式のクリアができることをご紹介しました。

このショートカットキー:[Ctrl]+[スペース]/[Ctrl]+[Q]を使っても書式がクリアできないのですが?
というご質問をいただきました。

[スポンサードリンク]

「拝啓」と入力すると自動的に結語「敬具」が入力されたり、「記」を入力すると「以上」が入力されたりする機能があります。

この「敬具」や「以上」の後ろにカーソルを移動して、[Enter]キーを押した場合、次の段落も右揃えになってしまうことがあります。

そこで右揃えという段落書式を解除するために[Ctrl]+[Q]キーを押したのだが、右揃えのままになってしまうということでした。

実は自動入力された「敬具」「以上」といった文字列には、「結語」という段落スタイルが適用されています。この段落スタイル「結語」は、次の段落のスタイルも「結語」になるスタイルのため「敬具」「以上」の後ろで[Enter]キーを押してできる次の段落も、段落スタイル「結語」であるために右揃えとなります。

以前ご紹介した[Ctrl]+[Q]キーは段落書式をクリアするのであって、段落スタイルをクリアするわけではないため、「敬具」「以上」の次の段落で[Ctrl]+[Q]キーを押しても右揃えは解除されません。


▼操作方法:スタイルをクリアする
[書式設定]ツールバー−[スタイル]ボックスから「標準」を選択

Word 2002,2003では、[書式設定]ツールバー−[スタイル]ボックスに、「書式のクリア」という項目がありますので、これを選択してOKです。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » スタイルをクリアする−スタイルボックス

TrackBack:1

TrackBack URL
スタイルをクリアする−ショートカットキー from インストラクターのネタ帳
対象:Word 97,2000,2002,2003 [スタイル]ボックスから「標準」「書式のクリア」を選択して、スタイルを解除する方法をご紹介しました。...

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » スタイルをクリアする−スタイルボックス

「段落書式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.