Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » すべて選択ボタンが使えない−スタイルと書式作業ウィンドウ

すべて選択ボタンが使えない−スタイルと書式作業ウィンドウ

対象:Word2002,Word2003

Office XPから新しいユーザーインターフェース=作業ウィンドウが実装されたことに伴い、Word 2002から、スタイルの管理は[スタイルと書式]作業ウィンドウを使って行うようになっています。

その[スタイルと書式]作業ウィンドウに[すべて選択]ボタンがあるのですが、
「すべて選択ボタンが使えないのですが...?」
「すべて選択ボタンはどうやったら使えるようになるのでしょうか?」
というご質問をいただきました。

[スポンサードリンク]

[スタイルと書式]作業ウィンドウの[すべて選択]ボタンをクリックすると、現在選択されている文字列と同じ書式・スタイルが設定されている箇所をすべて選択することができます。

しかし、ある設定をするとこの[すべて選択]ボタンは使えなくなるのです。


▼操作手順:スタイルボックスに設定した書式が追加されないようにする
メニュー[ツール]−[オプション]をクリック
 ↓
[オプション]ダイアログ−[編集と日本語入力]タブをクリック
 ↓
[書式の履歴を維持する]チェックをOffに
 ↓
[オプション]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

Word 2002から、書式を設定すると[書式設定]ツールバー−[スタイル]ボックスなどに、その設定した書式が表示されるようになっています。

例えば「標準」スタイルの設定されている文字列に、太字・斜体・フォントの色=赤といった書式を設定した場合、[書式設定]ツールバー−[スタイル]ボックスに「標準+太字,斜体,赤」という表示が増えます。

この機能を使えないようにするのが上記の、[オプション]ダイアログ−[編集と日本語入力]タブ−[書式の履歴を維持する]チェックをOffにするという操作で、このサイトでも以下のネタで既にご紹介している方法です。


この設定をすると、[スタイルと書式]作業ウィンドウ−[すべて選択]ボタンも使えなくなるようになっています。

ですから[スタイルと書式]作業ウィンドウ−[すべて選択]ボタンを使いたい場合、[オプション]ダイアログ−[編集と日本語入力]タブ−[書式の履歴を維持する]チェックをOnにしてください。

なお、初期状態の[書式設定]ツールバー−[スタイル]ボックスは、横幅が狭くてボックス内の文字が表示しきれないということも少なくありません。そんな場合は以下のネタを参考に[スタイル]ボックスの幅を広げてみてはいかがでしょう。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » すべて選択ボタンが使えない−スタイルと書式作業ウィンドウ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » すべて選択ボタンが使えない−スタイルと書式作業ウィンドウ

「段落書式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.