Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » インデントのショートカットキーCtrl+Tの仕様

インデントのショートカットキーCtrl+Tの仕様

対象:Word

「ワード Ctrl+T インデントの仕様」
という検索が行われていました。

結構、昔のWordから、最近バージョンアップをした方による検索かもしれません。

[スポンサードリンク]

[Ctrl]+[T]キーの動きは、Word 2000以前と、Word 2002以降とでは異なります。


▼Ctrl+Tキーの動き
Word 2000まで:字下げインデント
Word 2002以降:ぶら下げインデント

字下げインデントとは段落の1行目だけが2行目以降よりたくさんインデントされた状態で、

インデントのショートカットキーCtrl+Tの仕様

ぶら下げインデントとは段落の2行目以降が1行目よりたくさんインデントされた状態です。

インデントのショートカットキーCtrl+Tの仕様

同じショートカットキー[Ctrl]+[T]で、古いバージョンと最近のバージョンとでは、仕様が異なっているのです。

古いWordからバージョンアップをした方はご注意ください。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » インデントのショートカットキーCtrl+Tの仕様

TrackBack:1

TrackBack URL
Ctrl+Tのインデント文字数設定は?-タブとルーラー from インストラクターのネタ帳
対象:Word2003, Word2007, Word2010 このサイト・インストラクターのネタ帳で 「ワード Ctrl+T のインデント文字数」 と...

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » インデントのショートカットキーCtrl+Tの仕様

「段落書式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.