Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » 段落記号は含まず文字だけを選択−Shiftキー+方向キー

段落記号は含まず文字だけを選択−Shiftキー+方向キー

対象:Word97, Word2000, Word2002, Word2003

文字列を選択をするときに、段落記号まで勝手に選択されないようにする設定変更を、ご紹介しました。

実は[オプション]ダイアログで設定を変更しなくても、キーボード操作を行えば、段落記号を選択せず、文字列だけを選択することができます。

[スポンサードリンク]

例えば、自分専用のパソコンではないなど設定変更をするのが憚られるような場合には、この方法をお試しください。

また、[オプション]ダイアログ−[編集と日本語入力]タブ−[段落の選択範囲を自動的に調整する]チェックボックスをOffにしていたとしても、マウス操作によっては段落記号まで選択されてしまうこともあります。そんな場合にも是非以下のようなキーボード操作を行ってください。


▼操作方法 : キーボードで段落記号を含まずに文字列を選択する
選択したい文字列の先頭にカーソルを移動
 ↓
[Shift]キー+[→]キーを押す
 ↓
段落記号まで選択された場合、
 [Shift]キー+[←]キーを押す

下図は、
「サンプル文字」
の先頭にカーソルを置き、[Shift]キーを押しながら[→]キーを5回押したところです。

段落記号は含まず文字だけを選択

この状態からもう一度[→]キーを押すと下図のように段落記号まで選択された状態になります。

段落記号は含まず文字だけを選択

ここで[Shift]キーから手を離さずに[←]キーを押すと、下図のように段落記号が選択れていない状態にできます。

段落記号は含まず文字だけを選択

パソコンに慣れてらっしゃらない方は、どんな操作でもマウス操作でやろうとする傾向がありますが、現在のパソコンではキーボード操作を使う方が便利なことがまだまだ多いのが現実です。なんでもかんでもマウスで操作しようとしている方は、是非キーボード操作にも慣れてください。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » 段落記号は含まず文字だけを選択−Shiftキー+方向キー

TrackBack:1

TrackBack URL
書式設定ツールバーの均等割り付けボタンの仕様 from インストラクターのネタ帳
対象:Word97,Word2000,Word2002,Word2003 文字列を均等に配置する均等割り付けという機能があります。 Wordの均等割り付...

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » 段落記号は含まず文字だけを選択−Shiftキー+方向キー

「段落書式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.