Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » CurrentRegionプロパティ » アクティブセル領域を選択する−Range.CurrentRegionプロパティ

アクティブセル領域を選択する−Range.CurrentRegionプロパティ

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

Excelのよくいただく質問でマクロを組まないと実現できないものと言えば、
「複数のシートを1枚のシートにまとめるにはどうすればいいのでしょう?」
です。

Excelをデータベースとして利用する際に、データ入力の段階でシートを分けてしまい、後から集計をしたり、全てのデータを利用して宛名ラベルを作成するような業務が発生したときに、この「シートをまとめるには」というご質問を、非常によくいただきます。

[スポンサードリンク]

残念ながらExcelの標準機能では、複数のシートを1つにするという機能が用意されていないために、VBA(Visual Basic for Applications)でマクロを組む必要があります。

ただ冷静に考えれば、やらなければいけない処理というのはそれほど複雑なものではありません。

新しいシートを追加して、その新しいシートに元のシートのデータをコピーするというのをシートの枚数だけ繰り返せばいいわけです。

これをVBAでコーディングすればいいのです。

この処理の中で元のシートのデータ領域を選択するために、アクティブセル領域という概念が非常に役立ちます。


▼アクティブセル領域を選択するステートメント
Range("A1").CurrentRegion.Select

上記のようにCurrentRegionプロパティを利用すると、A1セルのアクティブセル領域が選択できます。

勿論元データがA1セルから入力されていない場合は、データの入力されているセルをRangeプロパティの引数に指定する必要があります。(たとえばB3セルからデータが入力されているのなら「Range("B3").CurrentRegion.Select」です。)

あとは「Selection.Copy」ステートメントでコピーをして、貼り付け先を指定して貼り付けを実行すればいいわけです。

実際に複数のシートをまとめる処理をコーディングするにはいくつか注意点がありますが、それについてはおいおいご紹介していきます。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » CurrentRegionプロパティ » アクティブセル領域を選択する−Range.CurrentRegionプロパティ

TrackBack:2

TrackBack URL
新規データ入力セルを選択する−End・Offsetプロパティ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 複数のワークシートを1枚のシートにまとめるために、CurrentRegionプロパティを使って、アクティブセル領域を選択する方法をご紹介しました。 「Selection.Copy」ステートメントで選択範囲のデータをコピーしたら、次に必要なのが、データ...
見出し行以外を選択−Offsetプロパティ・Resizeプロパティ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 CurrentRegionプロパティを使って、アクティブセル領域を選択する方法をご紹介しました。 複数のワークシートを1枚のシートにまとめる処理をコーディングする場合、1枚目のシートのデータをコピーする際は「Range("A1").CurrentRegion.Sel...

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » CurrentRegionプロパティ » アクティブセル領域を選択する−Range.CurrentRegionプロパティ

「CurrentRegionプロパティ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.