Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 表全体・アクティブセル領域を選択するショートカットキー-Ctrl+Shift+*


表全体・アクティブセル領域を選択するショートカットキー-Ctrl+Shift+*

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

[Shift]+方向キー/[Ctrl]+[Shift]+方向キーによる、セル範囲選択をご紹介しました。

もう一つ大きな表を扱う場合に是非とも知っておくべきショートカットキーがあります。

[スポンサードリンク]

表全体を選択するショートカットキーです。


▼操作方法:表全体を選択する
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[*]キーを押す
(テンキーの[*]キーを使う場合[Shift]キーは不要)

ここでは「表全体」と記述しましたが、Excel用語では「アクティブセル領域」と呼びます。

Excel 2003のヘルプにはアクティブセル領域について、
「選択しているセルまたはセル範囲から、すべての方向の最初の空白行または空白列までの領域が、アクティブ セル領域になります。」
という記述があります。

なおこのアクティブセル領域の選択ですが、メニューから操作すると以下のような手順となります。


▼操作手順:アクティブセル領域を選択する
メニュー[編集]
 −[ジャンプ]をクリック
 ↓
[ジャンプ]ダイアログ
 −[セル選択]ボタンをクリック
 ↓
[選択オプション]ダイアログ
 −[アクティブセル領域]オプションボタンをOnに
 ↓
[選択オプション]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック

ダイアログから更にダイアログを表示するという、手間の多い手順ですから、よく使うのであればショートカットキーを利用するのが便利でしょう。

勿論、[Ctrl]+[Shift]+[*]キーでアクティブセル領域を選択した後に、[Shift]+方向キーや[Ctrl]+[Shift]+方向キーで、選択範囲を変更することも可能です。

大きな表を選択する際にドラッグで苦労していたという方は、是非キーボードによる範囲選択をマスターしていただきたいと思います。

関連語句
キーボードショートカット, 短縮キー, Keyboard shortcuts
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 表全体・アクティブセル領域を選択するショートカットキー-Ctrl+Shift+*

TrackBack:3

TrackBack URL
アクティブセル領域を選択する−CurrentRegionプロパティ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 Excelのよくいただく質問でマクロを組まないと実現できないものと言えば、 「複数のシートを1枚のシートにまとめるにはどうすればいいのでしょう?」 です。 Excelをデータベースとして利用する際に、データ入力の段階でシートを分けてし...
2007ではジャンプ→セル選択が便利に−条件を選択してジャンプ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007 Excelを使いこんでいくと、 「○○なセルを選択したい」 「○○だけ選択したい」 といった要望が出てきます。 そんなときにジ...
CurrentRegionの意味 from インストラクターのネタ帳
Range.CurrentRegionプロパティについて理解するには、Excelのアクティブセル領域をわかっていることが必要です。

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 表全体・アクティブセル領域を選択するショートカットキー-Ctrl+Shift+*

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.