Home » Access(アクセス)の使い方 » 簡単なグラフを作成する−String関数

簡単なグラフを作成する−String関数

対象:Access 97,2000,2002,2003

Excelでグラフ機能を使わずに、REPT関数を使って簡易グラフを作成する方法をご紹介しました。

簡単に視覚的比較のできる便利な小技です。

[スポンサードリンク]

AccessでもString関数を使って同様のことができます。


▼操作手順:簡易横棒グラフを表示する選択クエリを作成する
「合計点」というフィールドを持つ「T_成績表」テーブルから、「グラフ」という演算フィールドを持つクエリを作成する例

[データベースウィンドウ]−[クエリ]をクリック
 ↓
[データベースウィンドウ]−[新規作成]をクリック
 ↓
[新しいクエリ]ダイアログ−[デザインビュー]を選択後[OK]ボタンをクリック
 ↓
[テーブルの表示]ダイアログで「T_成績表」テーブルを選択後[追加]ボタンをクリック
 ↓
[テーブルの表示]ダイアログ−[閉じる]ボタンをクリック
 ↓
クエリのデザインビューでフィールドに
「グラフ:String([合計点],"|")」
と入力
 ↓
メニュー[クエリ]−[実行]をクリック

ExcelではREPTというワークシート関数を使いましたが、Accessの場合はString関数を利用します。

機能はほとんど同じですが、引数の順序がまったく逆な点に注意が必要です。
ExcelのREPT関数では「繰り返す文字列・回数」の順番でしたが、
AccessのString関数では「回数,繰り返す文字列」の順番です。

数値が大きすぎる場合・小さすぎる場合に
「String([合計点]/100,"|")」「String([合計点]*100,"|")」
と割り算や掛け算をすることができる点もExcelのREPT関数と同じです。

ここではクエリの例をご紹介しましたが、フォームやレポートでもテキストボックスを作成してコントロールソースに「=String([合計点],"|")」などと指定することで、同様のことができます。

▼サンプルファイル(2000形式 001495.mdb 160KByte)ダウンロード

[スポンサードリンク]

Home » Access(アクセス)の使い方 » 簡単なグラフを作成する−String関数

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Access(アクセス)の使い方 » 簡単なグラフを作成する−String関数

「Access(アクセス)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.