Home » Access(アクセス)の使い方 » 日付データ、Accessの場合


日付データ、Accessの場合

Access 97,2000,2002,2003

Excelでは日付の基点が実在しない1900年1月0日であること、実在しない1900年2月29日が存在することをご紹介しました。

Officeファミリーの一員、Accessではどうなっているのか気になるところです。

[スポンサードリンク]

Accessの場合、
実在しない1900年1月0日・1900年2月29日いずれも存在しません。

AccessとExcelとで日付のシリアル値がどうなっているか表にまとめておきます。

日付 シリアル値
Access Excel
1899/12/29 -1
1899/12/30 0
1899/12/31 1
1900/01/00 (実在しない日付) 0
1900/01/01 2 1
1900/01/02 3 2
1900/01/03 4 3

   
1900/02/27 59

58

1900/02/28 60 59
1900/02/29 (実在しない日付) 60
1900/03/01 61 61
1900/03/02 62 62
1900/03/03 63 63

1900年3月1日以降ではExcelとAccessとでズレは存在しませんが、それより前の日付については上記の表のように違いがありますから、1900年3月1日より前の日付を扱うときには注意が必要です。

Excelのワークシート上では1988年12月31日以前の日を扱うことはできませんでしたが、Accessでは西暦100年1月1日が扱える最も古い日付けです。

[スポンサードリンク]

Home » Access(アクセス)の使い方 » 日付データ、Accessの場合

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Access(アクセス)の使い方 » 日付データ、Accessの場合

「Access(アクセス)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.