Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Excel 4.0 マクロのサンプル

対象:Excel 97,2000,2002,2003

Excel 4.0 マクロとは」というネタで、[挿入]ダイアログにある[Excel 4.0 マクロ]アイコンについてご紹介しました。

現在はVBE(Visuala Basic Editor)上で、VBA(Visual Basic for Applications)を使って記述して作成するマクロが、以前は違う方法で作成していて、そのときに利用していたのが、[挿入]ダイアログの[Excel 4.0 マクロ]を選択して挿入されるマクロシートであるということでした。

ここでは、実際に4.0マクロをどのように記述し、どう実行するのかをご紹介します。

[スポンサードリンク]

まずは4.0マクロを記述します。


▼操作手順:Excel 4.0 マクロを記述する
(メモ帳を起動するマクロを記述する例)
マクロシートを挿入
 ↓
A1セルに「メモ帳起動」と記述
 ↓
A2セルに「=EXEC("notepad.exe",1)」と記述
 ↓
A3セルに「=RETURN()」と記述

VBAならば
Sub ExecNotepad()
 Call Shell("notepad.exe", vbNormalFocus)
End Sub
とでも記述するところでしょう。

実行するのは以下の手順です。


▼操作手順:Excel 4.0 マクロを実行する
(上記で作成したメモ帳を起動するマクロを実行する例)
上記マクロシートのA1セルを選択
 ↓
メニュー[ツール]−[マクロ]−[マクロ]をクリック
 ↓
[マクロ]ダイアログ−[マクロ名]欄に「A1」と表示されていることを確認し、[実行]ボタンをクリック

以上の操作でメモ帳が起動します。

4.0マクロについてのドキュメントは、今後どんどん減っていくとは思いますが、Microsoftサポートオンラインで、「マクロを使おう 関数」を検索すると以下のようなサンプルをみつけることができます。
マクロを使おう - SELECT 関数
マクロを使おう - EXEC 関数
マクロを使おう- GET.CELL 関数の応用
マクロを使おう − INPUT 関数
マクロを使おう - FORMULA 関数

4.0マクロに興味がある方はこういった文書を読んでみてください。但し、4.0マクロがいつまでサポートされるかは不明で、遠くない将来に使えなくなってしまう可能性があることはご承知おきください。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Excel 4.0 マクロのサンプル

TrackBack:3

TrackBack URL
ブック名を表示する−4.0マクロ関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 ワークブック名をセルに表示させるために、ワークシート関数を駆使する方法と、ユーザー定義関数を利用する方法をご紹介しました。 他にもブック名をセルに表示させる方法があります。...
VBA関数とワークシート関数はなぜ違う from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 Excelユーザーで、VBA(Visual Bas...
リボンを非表示にする−Application.ExecuteExcel4Macro "SHOW.TOOLBAR(""Ribbon"",False)" from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007 Access 2007で、「DoCmd.ShowToolbar "Ribbon", acToolbarNo」というコードを実...

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Excel 4.0 マクロのサンプル

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.